保土ケ谷区版 掲載号:2018年1月1日号
  • LINE
  • hatena

川島囃子 脈々と継がれ250年 あす2日から各所で披露

文化

250年を超える歴史を持つ川島囃子
250年を超える歴史を持つ川島囃子
 江戸時代から現在まで、250年以上にわたり区内西部域・川島地区で脈々と受け継がれてきた郷土芸能「川島囃子」が、今年もお祝いムードに包まれる正月を迎え、地元各所で披露される。

 太鼓や鉦(かね)、それに唯一の旋律を奏でる笛の音色に合わせ、「おかめ」「ひょっとこ」「笑面」などが笑いを誘う動きを見せるのが川島囃子の基本的な形。元々は農業の豊作を祈念したのが起源とされているが、現在では祝宴の場では欠かせない存在として親しまれている。

 保土ケ谷区内にはこうした囃子の保存会が幾つか存在しているが、「川島囃子保存会」(三村守会長)のメンバーは全員が川島町内に暮らす住民。地元の住民らが受け継いできたため、独特の「間」も250年前と変わらないという。

 1978年には横浜市初の無形文化財の指定を受け、市を代表する文化使節として海外での公演も成功させるなど、活動は海を超えるまでになった。同保存会にとって、地元がお祝いムード一色に染まるこの時期は夏祭り(例大祭)と並び、日々の修練の成果を発揮する格好の舞台だ。

 あす2日(火)の地元公演を皮切りに、今月中旬まで出初式の会場、幼稚園や高齢者施設などへの慰問公演などが予定されている。日程など問合せは三村会長【電話】045・373・5620へ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

例年よりやや多めか

スギ花粉

例年よりやや多めか

1月17日号

乳児用液体ミルク解禁へ

洋館など27カ所を公開

大師匠の落語で初笑い

3万7千人、門出祝う

2年間無火災で感謝状

川島原地区連合会

2年間無火災で感謝状

1月17日号

1/20家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

  • 7月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク