保土ケ谷区版 掲載号:2018年1月4日号 エリアトップへ

神奈川県美化運動推進功労者表彰を受賞した 塩川 藤吉さん 藤塚町在住 72歳

掲載号:2018年1月4日号

  • LINE
  • hatena

難しい花ほど愛おしく

 ○…1999年のほどがや花の街推進連絡会の設立当初から委員として、区民を対象にしたセミナーの講師を務め、小中学校での講習会や、区役所・公園の花壇の整備に携わるなど、地域住民の美化意識向上と、街の緑化推進に大きく貢献したとして、このほど神奈川県美化運動推進功労者を受賞した。「専門家に参加してもらいたいと言われて続けてきただけ、たいそうなことはしていない」と謙遜するが、20年近く縁の下の力持ちとなってきた。「保土ケ谷は四季豊か。起伏が激しい土地だけど、地形をうまく利用してきれいに草花も飾る家も多い」と花の街を誇りに思う。

 ○…当初の活動は、自治会への出前セミナーで花壇や寄せ植えの作り方を教えた。また区制90周年を花いっぱいにしようと、区内全小中学校に球根を配布したときには、数校に直接出向き児童や生徒に育て方を伝授した。「男の子が結構一生懸命に楽しそうにやっているね」と微笑ましく思う。

 ○…生まれも育ちも藤塚町。雑木林が多く昆虫採集が楽しかった幼少期。「西谷浄水場のあたりまで昆虫を探していた」とも。祖父が起こした花卉栽培農家の塩川花風園の3代目であり、高校卒業してからこの道一本。「花は好き、なんでも作りたい」と言い、好きな花をどれか一つは選べない。「花は一つ一つ性質が違うでしょ。難しいほど面白いんだよね」と語る目は職人そのもの。雲一つない冬空を眺めながら、「こうやっていつも天気を気にしてさ」と言い、「台風と雪は本当に嫌」と笑った。

 ○…特に生育期間が長いシクラメンは、「夏場は熱がりだけと肥料は欲しがるの。手が抜けないんだよね」とまるでわがままな子を育てる愛おしさを感じるような言い方。50年以上この仕事を続けても「毎年毎年こうすればよかったなって後悔する部分がある。そして来年はこうしようって思う」と、仕事の原動力がここにある。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

一松 倫子さん

知的障害者バスケットボールの女子日本代表チームヘッドコーチを務める

一松 倫子さん

東川島町在住 55歳

1月21日号

石井 泰彦さん

保土ヶ谷区薬剤師会の会長を務める

石井 泰彦さん

西谷町在勤 42歳

1月14日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

笹川 吉康さん

プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから2位で指名された

笹川 吉康さん

明神台リトルグランパース出身 18歳

1月1日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

21歳

11月26日号

藤平 澄子さん

保土ケ谷区の「横浜子育てパートナー」として相談員を務める

藤平 澄子さん

川辺町在勤 64歳

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク