保土ケ谷区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

死亡事故0、過去最長に 高齢者・子ども事故減少で382日

社会

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena
環状2号で交通安全を呼び掛け
環状2号で交通安全を呼び掛け

 保土ケ谷警察署(森元博署長)管内で昨年、交通死亡事故ゼロ期間が382日となったのが、1976年の統計以降過去最長であることがわかった。これまでの最長期間は272日で110日と大幅に記録を伸ばした。

 同署管内では2016年11月26日から17年12月12日までの382日に交通事故による死者が一人も出なかった。これまでの最長は、2011年11月26日から12年8月18日の272日間で1年以上死者ゼロが続いたことはなかった。

 昨年の交通事故件数は、一昨年より7件増加の574件。県下では一昨年より1449件増加し2万8540件となっており、比較的少ない増加率だった。内訳をみると、高齢者が関係した交通事故が156件と一昨年より25件減少、子どもが関係した事故も36件と一昨年より5件少なかった。

 同署と保土ケ谷交通安全協会(板橋悟会長)など関係機関では昨年、小学生を対象にしたはまっこ交通安全教室を区内全19校で実施(富士見台小は戸部署管轄)。また高齢者に向けては、地域ケアプラザで自分の歩行スピードが確認できる横断歩道を渡るシミュレーションシステムを体験してもらうなど、「交通安全教育に力を入れたのが実を結んだのではないか」と分析する。また各季に関係団体と一緒にキャンペーンを開催し、国道16号や環状2号で交通安全を呼び掛けた。「制服の警察官が見えることは事故の抑止につながる」と引き続き力を入れていく。

 しかし山坂が多い保土ケ谷区は二輪車の利用者が多く、事故も昨年は一昨年より16件多い248件で全事故の約43%を占めた。同署では、二輪車の事故減少を今後のポイントに挙げ、ライダーに個別に声掛けし、すり抜けの禁止、右左折時の確認、スピードの抑制などを伝えたり、二輪者安全運転講習を企画したりと力を入れている。講習は2月7日(水)とヤングライダーに向け23日(金)に午後1時30分から保土ケ谷公園で実施。希望者は自身のバイクを持ち込み直接会場へ。 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

障害者の力作 暦の挿絵に

偕恵いわまワークス

障害者の力作 暦の挿絵に 社会

100作品から12枚を厳選

12月2日号

「神社de(で)献血」初実施

星川杉山神社

「神社de(で)献血」初実施 社会

特別な「御朱印」も授与

12月2日号

国交大臣表彰を受賞

法泉境木自治会

国交大臣表彰を受賞 社会

道路清掃活動に評価

11月25日号

老舗の味 ポテチで再現

ハングリータイガー

老舗の味 ポテチで再現 社会

スーパー、SA(サービスエリア)などで随時販売

11月25日号

公園愛護の功績を表彰

公園愛護の功績を表彰 社会

在職10年超える2会長

11月18日号

橘樹神社で奉納歌舞伎

天王町

橘樹神社で奉納歌舞伎 文化

子どもたち12人が21日

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook