保土ケ谷区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

帷子町八ッ橋さん 地域交流施設を完成 宿場町観光にも一助

社会

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
風情ある施設が完成
風情ある施設が完成

 帷子町にあるガラス工事・販売等を営む市野屋商店(八ッ橋良光店長)=人物風土記で紹介=の敷地内にこのほど、「帷子番所」が完成した。地域住民の交流だけでなく、保土ヶ谷宿を観光客へ紹介する場としての役割が期待される。

 八ッ橋さんは還暦を過ぎたころから、「生まれ育った街に何か恩返しを」と考えていた。以前から同商店の建物の一部を地域に開放していたが、2011年の東日本大震災によって建物が倒壊する可能性があると行政から指摘されたことを契機に、16年12月に建物を取り壊した。その跡地に高齢者向け住宅の建設を開始する際、高齢者が集まって会話できる交流の場や自治会などがイベントを安定的に開催できるなど、より地域に密着した場所があればと建物の一角を地域住民の交流の場を図るためのスペースとして建設業者に設計を依頼。昨年12月に開所した。

 同所は月曜を除いた正午から午後3時まで開館し、八ッ橋さんの呼びかけで地元の老人会と自治会が日替りで当番を務めている。施設内には江戸時代から宿場町として栄えた保土ヶ谷宿の魅力を紹介しようと資料や書籍、パンフレットなどが置かれ、入口付近には市地域有形民俗文化財に指定されている「金沢横町道標四基」が設置。土、日には宿場めぐりをしている観光客が訪れ、当番員に道を尋ねたり、休憩の場として賑わい、多い時には1日に約80人が訪れたこともあるという。土曜日の当番を担当している保土ヶ谷一丁目自治会の永谷幸人さんは「帷子番所が出来たことで、あちこちから人が来てくれて交流を図ることができて楽しい」と話す。

 八ッ橋さんは同所の完成に「保土ケ谷の歴史をもっとたくさんの人に知ってもらって地域住民同士の話が花開く場となってくれれば」と今後に向けて意気込みを話した。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

国大生が子ども食堂

県営笹山団地

国大生が子ども食堂 教育

地域の「居場所」めざす

6月30日号

バリアフリー化前進

羽沢横浜国大駅周辺地区

バリアフリー化前進 社会

住民提案受け基本構想作成

6月30日号

基本的対策徹底し親睦旅

川島東部連合町内会

基本的対策徹底し親睦旅 社会

「開催できる方法」模索

6月23日号

発足後初のイベント

星川商店会

発足後初のイベント 経済

駅前広場で26日に「縁日」

6月23日号

新球技場整備へ動き

三ツ沢公園

新球技場整備へ動き スポーツ

市が構想案示す

6月16日号

屋上から「いってらっしゃい」

屋上から「いってらっしゃい」 教育

西谷中で修学旅行時の伝統

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook