保土ケ谷区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

(PR)

横浜市 若者の「ひきこもり」相談窓口知って 専門機関などでサポート

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内には「ひきこもり」状態にある若者(15歳〜39歳)が、約8千人いると推計(平成24年度調べ)。ひきこもりは「部屋から出られない」「家族となら外出できる」「夜間に近所のコンビニは出かけられる」など人により状態は様々だ。

 横浜市では現在、「青少年相談センター」「地域ユースプラザ」「地域若者サポートステーション」「よこはま型若者自立塾」をはじめとする専門機関などで、若者を支援。ひきこもりの相談支援や居場所の提供、講座、社会体験・就労支援など、回復に向けて一人ひとりの状態にあわせたサポートを行っている。

区役所でも専門相談

 昨年からひきこもり等の困難を抱える若者の「専門相談窓口」を身近な区役所にも設置(月2日各3回)。1回50分の個別対応で、地域ユースプラザの専門相談員が出張相談(予約制)により対応してくれる。

 「ひきこもりは誰にでも起こりうることで、特別なことではありません。一人で悩みを抱え込まず、まずは相談窓口を利用してもらえたら。お気軽にお電話ください」と市の担当者。

 相談は無料。対象は市内在住の概ね15歳〜39歳の若者。本人や家族、地域の人からの相談も受け付けている。秘密厳守。左記まで気軽に問い合わせを。

 相談の予約受付は、保土ケ谷区こども家庭支援課【電話】045・334・6396。

横浜市こども青少年局青少年育成課

横浜市中区港町1丁目1(横浜市役所)

TEL:045-671-2325

http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/ikusei/jiritsushien/

保土ケ谷区版のピックアップ(PR)最新6

時代に合った葬儀を提案

家族葬・終活「新光メモリアル」

時代に合った葬儀を提案

最後のお別れに「故人らしさ」を

10月21日号

「やってみたい」を大切に

「やってみたい」を大切に

園児の主体性がその後の宝に

10月14日号

住宅の相談は地元の職人へ

神奈川土建

住宅の相談は地元の職人へ

「住宅センター」で受付

10月14日号

いざという時の備えに

オリジナル防災グッズ作りませんか

いざという時の備えに

自治会・学校などで使用

10月14日号

安心、JAのお葬式

もしもの時 もしもの為に… 事前相談無料

安心、JAのお葬式

「組合員・地域の方々へ」

10月14日号

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

一人じゃない安心感

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

10月27日・11月11日 送迎付き見学会(体験食事付)

10月14日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook