保土ケ谷区版 掲載号:2018年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

300人が「自助共助」考える

社会

鎌田靖氏
鎌田靖氏
 住民主体で災害と向き合う推進大会が2月末、保土ケ谷公会堂で行われ約300人が参加した。開会にあたり菅井忠彦区長は「行政だけでなく、区民による自助、地域間での共助が大切になる。今回の大会を通して持ち帰って実践につなげてもらえれば」と挨拶。講演ではジャーナリストの鎌田靖氏が登壇し自身が被災した阪神大震災での体験を具体的なエピソードを交えて話し、地域で災害から身を守ることの大切さを話した。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

工作で環境考える

参加者募集

工作で環境考える

8月4日、公会堂で

8月4日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯の表面のお話

    保土ケ谷歯科医師会連載コラム(31)あなたの街の歯医者さんが教えます―

    歯の表面のお話

    たかえす歯科医院 高江洲 慶 

    6月14日号

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク