保土ケ谷区版 掲載号:2018年4月19日号
  • LINE
  • hatena

保土ケ谷警察署長に就任した 片桐 俊彦さん 57歳

「初心」に立ち返る

 ○…「これまで本部勤務だったので、署長になりたいと思っていた」。3月19日付で保土ケ谷警察署の署長に就任し、1カ月。「署長に就任し、責任の重さを感じて身の引き締まる思い」とやや緊張した面持ちでこれまでを振り返り、今後に向けて話すが、丁寧に発する言葉一つひとつに誠実さを伺わせる。

 ○…横須賀市の生まれ。「運動が苦手だった」と話す幼少期は好きな乗り物の絵を描いたり、ピアノを演奏するなど、芸術肌の一面をのぞかせる。「センスはなかった」と謙遜するが、絵画鑑賞やカラオケを歌うなど今でも美術や音楽をたしなんでいる。好きなカラオケのレパートリーはコブクロ。「歌詞が良くて唄うと感情移入してしまう」と照れながら話す。大学卒業後、「父が警察官でその背中を見てきた。やりがいを感じるならこれしかない」と警察官の道を選んだ。

 ○…警察官となり、長年交通関連の部署で従事してきた。きっかけは交通事故の案件を扱ったときだった。「交通事故でそれまでいた人がこんなにもあっけなく亡くなってしまうのか」と虚無感を感じ、「少しでも交通事故をなくしたい」と思い志願した。交通取り締まりなど、決して楽な仕事ではなかったが、ある取締りで「最初はムッとされたけど、相手の言い分を聞きつつ、しっかりと説得し、最終的に感謝されたことは嬉しかった」と目を細めた。

 ○…「区民の方々には保土ケ警察署があってよかったと思えるような仕事を努め、区民目線に立った仕事をして区の安心・安全を守っていきたい」と決意を話す。そして、「事故を減らすためにも運転にも安全運転にも努めてもらえれば」とこれまでの経験を活かしながら区民への思いを話す姿勢に力強さがあった。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

4月18日号

鷲山 龍太郎さん

アワーズが主催する講座「地層で学ぶ保土ケ谷の歴史」の講師を務める

鷲山 龍太郎さん

4月11日号

佐久間 信義さん

横浜環境活動賞の実践賞を受賞した保土ケ谷区民会議環境分科会の座長を務める

佐久間 信義さん

4月4日号

南 博司さん

保土ケ谷警察署とドローン協定を締結したJINSOKUTSUの社長

南 博司さん

3月28日号

金子 美知子さん

「防犯川柳コンクール」で選者を務める

金子 美知子さん

3月21日号

田口 圭子さん

精神障害の研修会で体験談を話した区自立支援協議会・精神部会のメンバー

田口 圭子さん

3月14日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新鮮野菜ズラリ

新鮮野菜ズラリ

21日に人気の朝市

4月21日~4月21日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク