保土ケ谷区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

「元気村」に10度目の春 児童56人が伝統農業体験

社会

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
鍬入れ式のようす(写真上)・菅井区長から区功労者表彰を受ける三村さん(同右)
鍬入れ式のようす(写真上)・菅井区長から区功労者表彰を受ける三村さん(同右)

 保土ケ谷区内に残る唯一の水田を利用して子ども向けの伝統農業体験教室などを行っている川島町の「ほどがや☆元気村」(泉俊郎村長)で21日、1年を通じ米や野菜作りを学ぶ「どろんこ教室」の開講式が行われ、小学生や関係者が鍬入れ式に臨んだ。

 「子どもたちに食と農の大切さを知ってもらおう」と始まった同所での稲作体験プロジェクトは10年目を迎える。この日の開講式には今年の教室に参加する小学生56人が参加。鍬入れ式の後、牛乳パックに「まんげつ」という品種のもち米の種をまく作業を体験した。

 牛乳パックは各家庭に持ち帰り育て、成長した苗を6月上旬に水田に植える計画。秋には収穫、脱穀、精米作業などを体験し、12月に「元気村米」を使い、つきあげた餅を味わう予定となっている。

水田の提供者に区功労者表彰

 フィールドとなる帷子川沿いの水田は区内唯一の稲作農家・三村敦夫さんが所有しているもの。「元気村」の取り組み趣旨に賛同し、600坪の田んぼのうち100坪ほどを毎年、子どもたちの稲作体験の場として提供している。この日の開講式では10年間にわたる協力に対し、菅井忠彦区長から「区功労者表彰」が贈られた。三村さんは「会を代表して頂いた賞。子どもたちが農業に関心を持つきっかけになれば嬉しい」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

救急出場が過去最多

保土ケ谷消防署

救急出場が過去最多 社会

2019年の概況まとまる

1月16日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

「飛躍するチャンスの年」

「飛躍するチャンスの年」 政治

菅井区長に聞く

1月9日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

留学生が母国の味振る舞う

あったかほどがやみんなde食堂

留学生が母国の味振る舞う 社会

ベトナム風角煮など3品

1月1日号

地域づくりで総務大臣表彰

地域づくりで総務大臣表彰 社会

岩間町の畑尻明さん

12月19日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク