保土ケ谷区版 掲載号:2018年5月24日号 エリアトップへ

横浜国大 230万円超える寄付集まる 1世紀前のピアノ修復呼びかけに

文化

掲載号:2018年5月24日号

  • LINE
  • hatena
国大に受け継がれるピアノ
国大に受け継がれるピアノ

 横浜国立大学(長谷部勇一学長)が大正期から所有しているドイツ製のグランドピアノの音色を復活させようと、インターネット上で出資者を集うクラウドファンディング(CF)の受け付けが5月18日に締め切られ、177人からの寄付を受け、目標額としていた130万円を大幅に上回る237万円を集めた。

 ピアノは同大学の前身となる横浜工業学校が開校して間もない1924(大正13)年に学生の課外活動用に7千円で購入。進駐軍による接収や火災による焼失危機を乗り越えながら、約1世紀に渡り引き継がれてきた。

 挑戦は「修理したピアノを見て、触って、聴くことができる権利」や「ピアノを演奏できる権利」といった返礼を受けることができる仕組みで3月末から寄付金の受け付けを開始。5月上旬に目標額に到達した。長谷部学長は「地元地域、卒業生・本学関係者などの多くの皆様にご支援いただき、誠にありがとうございました。支援金は貴重なピアノを最高の状態で後世に伝えていくための費用として有効に活用させていただきます」と話している。

 今後、5月末から8月末にかけて集まった寄付金を使い修理を施し、9月以降に支援者に対する返礼となるピアノの演奏会などを実施していく予定となっている。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場野菜ズラリ

地場野菜ズラリ 社会

あす区役所前で朝市

5月26日号

3年ぶりの賑わい

3年ぶりの賑わい 文化

星川で花フェスタ

5月26日号

放課後の居場所開設

橘中学校

放課後の居場所開設 教育

NPO法人が運営

5月26日号

伝統工芸で国際交流

伝統工芸で国際交流 文化

ワークショップの受付中

5月26日号

雨音に負けず歌唱

区の歌合唱団

雨音に負けず歌唱 文化

現役区長も初参加

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月26日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook