保土ケ谷区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

男子プロバスケ横浜ビーコル 僅差でB1残留決める エース川村が22得点

スポーツ

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
B1残留を決め、観客と喜びを共有するビーコル選手=同チーム提供
B1残留を決め、観客と喜びを共有するビーコル選手=同チーム提供

 横浜市内を拠点に活動する男子プロバスケットボールチームの横浜ビー・コルセアーズは19日のB1残留プレーオフ2回戦で勝利し、来期のB1残留を決めた。エース、川村卓也選手が22得点の活躍で勝利に貢献した。

 横浜ビーコルは11日、12日のプレーオフ1回戦で西宮ストークスと対戦し、2勝1敗で激闘を制していた。

 勝てば残留が決まる一発勝負の2回戦は奇しくも昨年と同日、しかも同じ対戦相手の富山グラウジーズ。昨シーズンは横浜ビーコルが敗退し、B1・B2の入替戦に回った因縁の相手だ。

 序盤は互いに堅いディフェンスでロースコアな展開。ビーコルのエースで元日本代表の実績を持つ、川村選手の3ポイントシュートを皮切りに、切れの良いドリブルからのシュートやミドルシュートで得点を重ねた。

 第2クォーターを終え、41―34の7点差で前半をリード。第3クォーターは富山の宇都直輝選手を中心とした猛攻を止めきれず、終了時には58―60とリードを許す展開に。

 最終の第4クォーターは一時、逆転されるが、残り1分の同点時に、ジェフリー・パーマー選手の3ポイントシュートでリードを奪い、79―76の僅差で残留を決めた。

 試合終了と同時に選手やブースターは喜びを爆発させ、B1残留の勝利に酔いしれた。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 社会

仲介組織が下支え

6月17日号

防犯に声で協力

横浜FCシーガルズ

防犯に声で協力 スポーツ

選手らに感謝状

6月17日号

行政書士による無料相談会

行政書士による無料相談会 社会

電話で対応6月25日

6月17日号

自由通路に鮭 「群泳」

星川駅

自由通路に鮭 「群泳」 社会

区内の園児ら力作ズラリ

6月17日号

「美味しいお米になぁれ」

「美味しいお米になぁれ」 社会

区内唯一の水田で田植え

6月17日号

名門程ヶ谷CCが県民デー

名門程ヶ谷CCが県民デー スポーツ

7・8月対象日が特別料金

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter