保土ケ谷区版 掲載号:2018年6月7日号 エリアトップへ

「市沢・仏向の谷戸に親しむ会」の観察会担当として長年にわたり活動を支える 河原 佳文さん 新桜ケ丘在住 65歳

掲載号:2018年6月7日号

  • LINE
  • hatena

自然に親しみ未来へ残す

 ○…保土ケ谷区と旭区にまたがる広大な自然を守る活動を行っている「市沢・仏向の谷戸に親しむ会」に「自治会で活動していた時に誘われた」ことをきっかけに入会。草創期から自然保護のために草刈りやごみの清掃、動植物の観察会の企画を担当するなど、精力的に活動してきた。

 〇…富山県の生まれ。「オニヤンマやチョウチョウなどの昆虫を追って捕まえることに夢中だった」と田んぼに囲まれた豊かな自然の中を駆け回る活発な少年だったという。ただ、「スズメバチを捕まえようとしたら刺されてしまって、医者である祖父に診てもらうことも」と苦笑い。高校時代に入部した生物クラブでは水生昆虫の生態を調査。「見たことのない昆虫や幼虫がいて調べることが楽しくて」と好奇心旺盛だった青春時代を振り返る。

 〇…大学では歯科医である父を追い、歯学部を専攻。大学を卒業すると歯科医師となり、現在は旭区内で歯科医院の院長として活躍している。その傍らで消防団や自治会で防火防犯部長を務めるなど、長年にわたり地域活動にも熱心に取り組む一面ものぞかせる。「活動を通してさまざまな人と関わり、知り合えていくことが面白い。何かあった時にお互いに助け合える。だから元気なうちに必要とされれば嬉しいからどんどん貢献していきたい」と地域への思いを笑顔で話す。

 〇…「市沢や仏向の谷戸は生まれ故郷にはない多様な生物に溢れている」とその魅力を一つひとつを丁寧に考えながら話す。毎年6月にはホタルが飛び、見に来る人々を楽しませる。「光っているホタルを見て子どもが喜ぶのをみるとこちらも嬉しくなるし、これからも自然を守らなきゃと思うよね」。時折見せる温かな目で豊かな自然が残る地域を見守っていく。

横浜市新型コロナワクチン情報

4回目接種対象は60歳以上の方全員と18〜59歳の基礎疾患がある方等です

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

今年度の神奈川県弁護士会会長を務める

高岡 俊之さん

7月7日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

東川島町在住 62歳

6月30日号

三上 碧衣(あおい)さん

プロバスケチーム「横浜エクセレンス」のチアダンスアカデミーで講師を務める

三上 碧衣(あおい)さん

26歳

6月23日号

森谷 恭子さん

横浜市幼稚園協会の保土ケ谷支部長を今年度から務める

森谷 恭子さん

育和幼稚園園長 63歳

6月16日号

竹内 俊樹さん

5年前の就任以来、躍進を続ける保土ケ谷高校陸上部の顧問を務める

竹内 俊樹さん

川島町在勤 31歳

6月9日号

西窪 弘忠さん

滝ノ川あじさいロードの整備を行う「花咲かせ隊」発起人のひとり

西窪 弘忠さん

峰沢町在住 85歳

6月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook