保土ケ谷区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • はてぶ

保土ケ谷料飲喫茶協同組合 創立70周年を祝う 関係者ら約140人が出席

社会

式典のようす(写真上)と挨拶する宇積理事長(同下)
式典のようす(写真上)と挨拶する宇積理事長(同下)
 区内の飲食店を中心に構成される保土ケ谷料飲喫茶協同組合(宇積常道理事長)=人物風土記=が今年で創立70周年を迎えた。2日にはホテル横浜キャメロットジャパン=西区=で記念式典が開催され、組合員を中心に関係者ら約140人が節目を祝った。

 同組合は戦後間もない1948年に県内でも最も早い時期に発足。69年の県飲食業生活衛生同業組合の立ち上げに参加し、区内では保健所と連携し、食品衛生の講習会の手伝いや金融機関からの融資のサポート、区役所など行政からの情報を加盟店舗に情報共有を図るなど、衛生の管理・水準の向上や区民の食生活を長年にわたって支えてきた。

 記念式典は約140人が出席。宇積理事長は「長年にわたる組合運営にあたり、多くの組合員の支えがあった」と感謝し、「今後も組合員が安心して商売ができるよう、組織運営を強化していきたい」と話した。後半に行われた祝賀会ではピアノ即興詩人として活躍している、かわせひろしさんによるピアノ演奏なども披露され、会場の出席者はリラックスした様子で演奏を聴いていた。

80周年に向けて課題も

 同組合には現在約120店舗が加入しているが、高齢化が進み、関係者によると組合員数は全盛期の3分の1に減少しているという。「そのためにも区内で開業している若い世代を取り込んでいくことは急務だ」と宇積理事長は話す。また、衛生管理面においてHACCP(ハサップ)と呼ばれる原材料から食卓に出されるまでの各工程を管理する方法の勉強にも組合として取り組んでおり、「昨今食中毒問題で叫ばれている中で、組合全体で意識を変えていく事が重要だ」と話した。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

「不要な携帯電話、提供を」

初音丘学園

「不要な携帯電話、提供を」

10月18日号

県ボッチャ大会に出場

上菅田特別支援学校

県ボッチャ大会に出場

10月18日号

上位維持し残り6節

サッカーJ2横浜FC

上位維持し残り6節

10月11日号

介護人材に留学生ら

横浜市

介護人材に留学生ら

10月11日号

7日、8日に宿場まつり

学校跡地利用に関し要望書

川島地域円卓会議

学校跡地利用に関し要望書

10月4日号

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水彩画作品ズラリ

水彩画作品ズラリ

保土ケ谷公園で28日まで

9月27日~10月28日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク