保土ケ谷区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

区内唯一の水田で田植え 川島町の「元気村」で小学生50人

社会

 区内に残る唯一の水田を利用して子ども向けの農業体験教室などを行っている川島町の「ほどがや☆元気村」(泉俊郎村長)で6月9日、小学生およそ50人がもち米の苗を植えた=写真。

 稲作体験プロジェクトは10年目。フィールドとなる水田は稲作農家・三村敦夫さんが所有している600坪の田んぼのうち100坪ほどを毎年、子どもたちの稲作体験の場として提供している。

 この日、子どもたちは4月末から牛乳パックを使い自宅で育ててきた苗を田んぼに植え付ける作業を体験。25cmほどに育った苗を丁寧に植えていった。

 今回、植えた苗はもち米の「まんげつ」という品種。子どもたちは今後、案山子づくりなどを体験しながら、10月ごろに稲を刈り、脱穀作業や精米作業などを体験した後、12月には自らの手で育てたもち米を使い、つきあげた餅を味わう予定となっている。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

工作で環境考える

参加者募集

工作で環境考える

8月4日、公会堂で

8月4日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歯の表面のお話

    保土ケ谷歯科医師会連載コラム(31)あなたの街の歯医者さんが教えます―

    歯の表面のお話

    たかえす歯科医院 高江洲 慶 

    6月14日号

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク