保土ケ谷区版 掲載号:2018年6月14日号 エリアトップへ

70周年を迎えた保土ケ谷料飲喫茶協同組合の理事長を務める 宇積 常道さん 西谷町在住 64歳

掲載号:2018年6月14日号

  • LINE
  • hatena

手をつなぎ飲食業の発展へ

 ○…今年で創立70周年を迎えた保土ケ谷料飲喫茶協同組合の理事長を2015年から務める。「節目を迎え、これからが新たなスタートだと考えている。80周年、90周年に向けて頑張っていかなければ」と引き締まった表情で話す。

 〇…福島県の生まれ。自宅の周りは豊かな自然に囲まれ、その環境下でなめこなどの山菜採りや、雪が3〜4メートル積もるという冬には「スキーや檜原湖が凍るとその上をスケートで学校に通ったり、ワカサギ釣りやかまくら作りなどを行っていた」。ゆっくり語る姿に物静かな人柄が垣間見える。小学6年生になると教諭の勧めでバレーボールを始め、高校までアタッカーとして活躍した。「バレーボールを通して仲間と連携する大切さや楽しさを学んだね」とその魅力を時折笑顔を見せながら話す。

 〇…高校卒業後、厚木市内の食品工場で勤務したのち、親類が星川で経営するそば屋で働いた。「当時、日本硝子の工場があって多くの人がいた」と日中は出前が中心。「教えてもらえる時間はなかなかないので、その合間をぬってそばの打ち方や天ぷらの揚げ方などを体で覚えていった」と振り返る。その後、1984年に独立し、西谷町に「上田屋」を開店。近隣の保育園でそば打ち体験教室を開くなど地域内での活動にも積極的に取り組む。店内貼られている園児からの寄せ書きに目をやり「いいでしょ」とほほえむ。

 〇…「組合を盛り上げるには若い人たちにも参加してもらって新しいアイディアの創出が必要不可欠。そのためにも我々役員が引っ張って行って、組合員がやりやすい形を作り出していく事が大切だ」。終始寡黙ながらも内に秘めたる熱い思いを持って今後も組合を盛り上げて牽引していく覚悟だ。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

馬場 洋一さん

「かながわアートホール」の館長としてユニークな企画を生み出す

馬場 洋一さん

花見台在勤 72歳

10月28日号

寺坂 悦郎さん

保土ケ谷区商店街連合会の会長に就任した

寺坂 悦郎さん

上星川在勤 65歳

10月21日号

吉田 昌義さん

椅子張りの高い技術が評価されて「横浜マイスター」に選ばれた

吉田 昌義さん

月見台在住 78歳

10月14日号

村瀬 悠さん

「あったかほどがや寄付」のロゴマークを作成した

村瀬 悠さん

横浜国立大2年生 

10月7日号

石田 剛規さん

B3リーグ所属のプロバスケットボールクラブ「横浜エクセレンス」のヘッドコーチを務める

石田 剛規さん

藤沢市在住 38歳

9月30日号

麻生 民次さん

NPO法人保土ケ谷ガイドの会の会長に就任した

麻生 民次さん

峰岡町在住 74歳

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook