保土ケ谷区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • hatena

ブロック塀調査 区内では7施設に危険性 市が緊急点検結果公表

社会

注意を呼びかける看板が設置されている
注意を呼びかける看板が設置されている

 横浜市教育委員会と市建築局は7月4日、震度6弱を記録した大阪北部地震でブロック塀が倒壊し小学4年生の女児が死亡したことを受け行っていた緊急点検調査の結果を公表した。発表によると保土ケ谷区内では小学校2校、中学校と高校それぞれ1校、公共建築物3施設で、設置されたブロック塀などが現行の建築基準法の仕様に合致しないことが分かった。

 調査が行われたのは約2600カ所で6月20日から29日にかけて、学校職員や施設を管理する職員らが、塀の高さや厚さ、控え壁の有無や間隔、ひび割れや破損、傾斜の有無など7項目について、目視と触診、計測して点検した。

 点検の結果、学校施設で53校、公共建築物30施設で現行の建築基準法で定められた高さ基準の2・2mよりも低かったものの、1・2mを超える塀に補強のために設置する必要がある控え壁が不足している状態のブロック塀が見つかった。

 また、市教委は建築基準法の規制外の投てき板についても点検。同法では2・2mを超える塀の設置は認められていないが、5校で2・2mを超えたものがあり、控え壁が不足しているものも2校で見つかった。

 保土ケ谷区内で危険性が指摘されたのは「今井小学校」「藤塚小学校」「岩崎中学校」「桜丘高校」と新井町の児童自立支援施設「横浜市向陽学園」「西谷消防出張所」「本陣消防出張所」の7施設。9日時点で、それぞれの学校・施設の危険箇所など詳細については発表されていない。

 今井小学校に通う女児の母親は「『まさか自分の子どもが通う小学校が』という気持ちで戸惑いもある。早い段階で対策を講じてもらいたい」と話した。

6日からは専門的な点検

 今回の調査で危険性が指摘された学校や公共施設のブロック塀や投てき板については、すでに囲いや注意看板が設けられるなど安全対策が施されている。

 6日からは技術職員らが専門的な点検を行っており、改善が必要な場合には対応を講じていく予定だという。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

耐震性なし300棟超

市指定路線沿道建築物

耐震性なし300棟超

3月21日号

住民主導で素案づくり

常盤台地区連合町内会

住民主導で素案づくり

3月21日号

帷子川にサケの稚魚放流

改修工事終え再開場

サーティーフォー保土ケ谷球場

改修工事終え再開場

3月14日号

10日からはしご酒企画

和田町駅周辺

10日からはしご酒企画

3月7日号

大腸がん検診を無料化へ

横浜市

大腸がん検診を無料化へ

2月28日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ダンスの祭典

ダンスの祭典

30日に公会堂で

3月30日~3月30日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク