保土ケ谷区版 掲載号:2018年7月12日号
  • LINE
  • はてぶ

高校野球 「監督を知って、面白さ深く」 港南台・大利さんが新刊

スポーツ

新著を手にする大利さん
新著を手にする大利さん
 8日に開幕した夏の高校野球選手権大会。「第100回」という記念大会の今年、神奈川大会は南北に分かれ、2校が甲子園に出場する。

 そんな中でこのほど、神奈川県を中心に中学・高校野球の取材を続けるスポーツライターの大利(おおとし)実さん(41歳/港南台出身)が、自身6冊目となる著書「激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち」(インプレス社)を刊行した。

 全国大会の出場実績も多い横浜高校(平田徹監督)や東海大学付属相模高校(門馬敬治監督)など、県内14校の監督にスポットを当てて各チームを紹介している。

 「高校でいえば、選手は3年しかいないけれど、監督はずっと続けるケースが少なくない。追い続けていると、監督ごとのカラーや監督同士のつながりなど、大河ドラマのような深い面白さがある」と大利さんは語る。

筒香&松井選手も登場

 またスペシャルインタビューとして、かつて高校球児として神奈川大会を戦った横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手(横浜高校)や東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹投手(桐光学園高校)も当時を振り返る。

 四六判で全400ページ。全国の書店やインターネットサイトで購入できる。詳細はインプレスブックスのサイト(https://book.impress.co.jp/books/1117101122)を参照。

障害福祉のお仕事フェア

12/1 PM1:00~3:30 横浜駅東口ジャスト1号館8F会議室

http://www.e-hodogaya.org/osigotofea.html

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

「廃材楽器」の音色に感嘆

2歳児の受け入れ開始

市内私立幼稚園

2歳児の受け入れ開始

11月15日号

市内2病院を拠点に選定

神奈川県

市内2病院を拠点に選定

11月15日号

千葉朋彦さんが連覇達成

スリッパ卓球

千葉朋彦さんが連覇達成

11月15日号

災害時の遺体取扱いを訓練

楽しく学び防災意識向上

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

音楽通じ福祉啓発

音楽通じ福祉啓発

12/1 野毛でイベント

12月1日~12月1日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク