保土ケ谷区版 掲載号:2018年7月19日号
  • LINE
  • hatena

横浜たちばなライオンズクラブの会長に就任した田中折箱店の代表 田中 有光さん 川島町在住 69歳

周囲への感謝と恩返しを一途に

 ○…地域に根差した社会奉仕活動を行う横浜たちばなライオンズクラブ。37代目の会長に7月に就任した。「これまで長年にわたって地域活動をしてきたけども、ライオンズクラブは自ら進んで奉仕するという精神にすごさを感じるし、気持ちいいよね」と意気込みを話す。

 ○…会長就任にあたり、会のテーマを「感謝の気持ち and 奉仕の心で”We serve”」と設定した。2年前に妻と母を相次いで亡くし、「辛い時期にクラブや町内会の仲間たちに助けてもらい、親切にしてくれた。その思いが感謝につながって冒頭に持ってきた。そして仲間に心から恩返しするという意味も込めている」と話し、周囲の関係者への感謝の言葉を繰り返す。

 ○…何事にも一途に取り組んできた。本業では弁当箱に使われる折箱の製作を長年にわたって行ってきた。木製や発泡スチロールで丁寧に作られた箱を披露する姿に職人の顔をのぞかせる。その一方で幼少期から車が好きだったことをきっかけに長年モータースポーツの運営に携わり、今でも2週間に1回サーキットへ足を運びスタートからゴールまでスムーズなレース運びができるよう、心を配っている。「仕事も趣味も気づけばもう50年。不器用な性格だから」と謙虚に笑うが、仕事や趣味について話す言葉一つひとつに思いや誠実な人柄が垣間見える。

 ○…今年の3月まで川島東部連合町内会の会長を務めた。「少しでも地域のために役立てればという思いでやってきた6年間だったけども、日々の成長を実感させてもらった。責務を果たせたかな」と安堵の表情を浮かべながらも充実感も滲ませる。「仲間があっての会長。まだ始まったばかりだけど、助けを借りながら協調して活動していきたいね」と優しく微笑んだ。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

4月18日号

鷲山 龍太郎さん

アワーズが主催する講座「地層で学ぶ保土ケ谷の歴史」の講師を務める

鷲山 龍太郎さん

4月11日号

佐久間 信義さん

横浜環境活動賞の実践賞を受賞した保土ケ谷区民会議環境分科会の座長を務める

佐久間 信義さん

4月4日号

南 博司さん

保土ケ谷警察署とドローン協定を締結したJINSOKUTSUの社長

南 博司さん

3月28日号

金子 美知子さん

「防犯川柳コンクール」で選者を務める

金子 美知子さん

3月21日号

田口 圭子さん

精神障害の研修会で体験談を話した区自立支援協議会・精神部会のメンバー

田口 圭子さん

3月14日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

新鮮野菜ズラリ

新鮮野菜ズラリ

21日に人気の朝市

4月21日~4月21日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク