保土ケ谷区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

住民・企業参加の「見守り会議」の開催に尽力した岩崎地域ケアプラザの職員 亀山 貢さん 岩崎町在勤 34歳

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

枠にとらわれず新しいことを

 ○…「住民だけでやることにも限界がある。特に高齢化が進んでいく中でケアプラザとして何ができるのか」。職場の仲間と住民だけでなく、地域の企業にも参加してもらう形で「見守り会議」を企画した。「試行錯誤していてまだまだ課題はある」としながらも、ある地区で地域の介護施設と住民が見守り会議を経て個別に会合を開いているという報告を受けた時は「驚きながらも嬉しかった」と取り組みについて熱意をもって話す。

 ○…パソコンをいじることが好きで高校卒業後に進んだ短期大学でプログラミングを学んだが、「人と関わる仕事をしたい」と考えるようになった。将来、進むべき道を模索する中、親に自分は何に向いているのか相談。「高齢者の介護が向いているのでは」。この言葉が脳裏に残り社会福祉の専門学校に入学。福祉の世界に飛び込んだ。

 ○…2年前、8年間務めたデイサービスの相談員から地域支え合い推進員ともいわれる「生活支援コーディネーター」に就いた。それまでの施設内中心だった仕事とは違い、地域に出てさまざまな人と接しているが、「接して経験することでそれが自分の成長や気づきにもつながってくる」と現在の職のやりがいを話す。「自分の目で見たものを信じ、枠にとらわれず地域に貢献できれば」とさらなる高みを目指す。

 ○…8歳になる双子の娘と3歳の娘を子に持つ。「夫婦共働きなので」と仕事が終われば家に帰って家事や育児に努め、ある程度時間を決めて行動するなど、几帳面な性格をのぞかせる。「家に帰ると子どもたちが喧嘩ばかりしているので怒ってばかり」と苦笑いで話すも「娘たちの頑張っている姿を見ると大きくなったなあ」とこれまでの冷静な表情とは変わり、笑顔と愛情で溢れていた。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

田村 眞佐子さん

25年間にわたり月見台東部自治会の会長を務める

田村 眞佐子さん

月見台在住 81歳

10月17日号

新井 爽月さん

「ありのまま育児法 6割出来たら満点。頑張りすぎない子育て法」を出版した

新井 爽月さん

釜台町在住

10月10日号

八木 秀夫さん

保土ケ谷警察署長に就任した

八木 秀夫さん

57歳

10月3日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

69歳

9月26日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

9月19日号

咲き織 順子さん

西久保町で裂き織のアトリエ教室を開いている

咲き織 順子さん

月見台在住 72歳

9月12日号

坂井 路代さん

保土ケ谷区食生活等改善推進員会(ヘルスメイト)の会長を務める

坂井 路代さん

霞台在住 50歳

9月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちかど博物館巡り

スタンプラリー企画

まちかど博物館巡り

あす11日から

10月11日~11月10日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク