保土ケ谷区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

災害時医療 診療可能は旗が目印 3師会が掲出訓練

社会

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
目印となるのぼり旗
目印となるのぼり旗

 大規模地震などの際に診療が可能な病院や診療所、歯科医院と開局中の薬局を示す「災害時医療のぼり旗」の掲出訓練が10月22日から3日間、保土ケ谷区内の医療機関や薬局で行われた。

 横浜市では医師会や歯科医師会、薬剤師会との取り決めで、震度6弱以上の大規模地震が発生した際、開院・開局が可能な医療機関や薬局は目印としてのぼり旗を掲出することになっている。

 災害時の医療提供の体制は緊急度・重症度により分かれており、保土ケ谷区内では市民病院が重症患者を扱う「災害拠点病院」に、生命の危険はないが入院が必要な中等症患者を受け入れる「災害時救急病院」に聖隷横浜病院、育生会横浜病院、横浜保土ケ谷中央病院、イムス横浜狩場脳神経外科病院、港北病院、常盤台病院の6院が指定されている。軽症の場合は診療所や防災拠点を巡回する医療救護隊が診療を行う。

 被災後に対応が可能になり次第、拠点病院は赤色、救急病院と診療所、歯科医院は黄色で「診療中」の旗が掲げられ、薬局では「開局中」のと記された旗が掲出する。訓練は医療機関や薬局の医師やスタッフがのぼり旗の掲出方法を確認することと同時に有事の際、診療可能な医療機関の目印として区民らに周知することを目的とし行われた。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook