保土ケ谷区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

保土ケ谷区社協 物品配分の協定締結 青少年の支援活動団体と

社会

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
協定書に調印する山崎会長(右)と池田事務局長
協定書に調印する山崎会長(右)と池田事務局長

 保土ケ谷区社会福祉協議会(山崎滋会長)は18日、青少年の支援活動などを行っているNPO法人リロード(武藤啓司理事長)とコンビニからの寄贈物品の保管・配分に関する協定を締結した。

 この締結は今年の4月に市と市社会福祉協議会とセブン―イレブン・ジャパン(セブンイレブン)が社会福祉貢献活動の一環として店舗の閉店や改装に伴う在庫商品を市社会福祉協議会に寄贈する「商品寄贈による社会福祉貢献活動連携協定」によるもの。セブンイレブンより寄贈された加工食品や雑貨などを区社協が物品管理し、生活困窮者や物品を必要とする団体、福祉施設などに無償で配分している。

 今回両者が締結した内容は区社協が行っている物品の仕分け作業と物品を必要とする団体や福祉施設などへの引き渡しをリロード側で担うというもの。配分事務の負担軽減や配分を必要としている団体の把握、リロード側を支援できるなどといったメリットが生まれると考える区社協側と引きこもりがちとなっている若者が社会参加する機会増加や物品を引き取りに来た団体に課題を抱えた若者についての理解普及につながると考えたリロード側の思惑が一致した。

 この日の協定書に調印した池田正則事務局長は「これを機会に若者にさまざまな場所との接点を持てる場となれば」と話し、山崎会長は「今回の締結を通して地域の方にも苦しんでいる若者について歩み寄って理解が深まっていけば」と話した。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

プルタブ回収 20年

くぬぎ台団地自治会

プルタブ回収 20年 社会

車椅子3台に

6月17日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月17日号

夏の決勝 保土ケ谷で

高校野球

夏の決勝 保土ケ谷で スポーツ

五輪開催で46年ぶり

6月10日号

27カ所が「危険」

区内バス停

27カ所が「危険」 社会

国交省が調査

6月10日号

コロナ禍で「つながり」重視

コロナ禍で「つながり」重視 社会

区が運営方針で示す

6月3日号

昨年につづき中止

宿場まつり

昨年につづき中止 社会

コロナ禍で「致し方ない」

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter