保土ケ谷区版 掲載号:2018年12月6日号
  • LINE
  • hatena

「障害福祉のお仕事フェア」の開催にあたり、広報担当として尽力した 金崎 礼子さん 天王町在勤 48歳

やりがいを持ってできる仕事を

 ○…12月1日に市内で開催された「障害福祉のお仕事フェア」。初の開催となる同フェアに広報担当としてチラシの作成や行政機関や学校へ訪問、配布などに携わってきた。「障害分野に興味を持ってくれている人はいるけども、情報源が少なく認知されにくい。けれども、フェアを通してこの仕事の楽しさを色々な人に伝えられたら」と優しく微笑みながら思いを語る。

 ○…15年前から天王町にある「障害者地域活動ホームほどがや希望の家」に勤務。それまでは事務職などでパソコンと向き合う日々だった。「人と関わる仕事を」と考え、転職を決意。「30過ぎてからの転職は冒険だったけど」と現職に就いた経緯を嬉しそうに振り返る。この仕事を始めてすぐの頃、「分からないなら、分からないではっきりと言って欲しい。でないと悲しい」という利用者の言葉がきっかけで「それまでなんとなく仕事をしていてこのままではいけない」と勉強をしながら福祉に関するさまざまな資格を取得。「勉強嫌いだったけども、日々の業務の中で楽しく学ぶことが出来て自分のやりたいことが出来ている」とやりがいを口にする。

 ○…「都会にいると時折、緑が恋しくなって」と日帰りで山や温泉を巡ることが好きだという。電車で揺られながら山の木々を見、温泉につかりながら「悩むような事があっても、仕方がない。がんばろうとリセットできる気持ちになる」と活力をもらえるオフタイムの楽しみを話す。

 ○…「今の職と出会ったのは運命的。いろいろな人と密に接しながら仕事ができるのは幸せなこと。これからもずっと人と関わることのできるこの仕事を続けていきたい」と利用者が描いた絵に優しい眼差しを向けて話す柔らかな雰囲気からは充実感がにじみ出ていた。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6件

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

4月18日号

鷲山 龍太郎さん

アワーズが主催する講座「地層で学ぶ保土ケ谷の歴史」の講師を務める

鷲山 龍太郎さん

4月11日号

佐久間 信義さん

横浜環境活動賞の実践賞を受賞した保土ケ谷区民会議環境分科会の座長を務める

佐久間 信義さん

4月4日号

南 博司さん

保土ケ谷警察署とドローン協定を締結したJINSOKUTSUの社長

南 博司さん

3月28日号

金子 美知子さん

「防犯川柳コンクール」で選者を務める

金子 美知子さん

3月21日号

田口 圭子さん

精神障害の研修会で体験談を話した区自立支援協議会・精神部会のメンバー

田口 圭子さん

3月14日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク