保土ケ谷区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

子育て・生活支援のスペシャリスト「現場からの提案」 意見広告 「福祉に強い神奈川県を」 立憲民主党神奈川県政政策委員 もちづき聖子

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 新年明けましておめでとうございます。新しい元号を迎える本年は明治維新から151年目となり、名実ともに新たな時代の幕開けです。希望を胸に抱き出発すると同時に歴史に習い人々の暮らしや職場等の現場からヒントを得て原点回帰し、ピンチをチャンスに、弱さを強さに、暗さを明るさへと変革する時です。

 魅力に溢れている神奈川県の65歳以上の人口は226万人。24・9%で4人に1人にもなります。その中で一人ひとりが神奈川県の魅力を実感して生きていくことは重要なことです。人生100年時代と言われる中でQOL(生活の質)を保ちながら人生を全うするためにも幼少からの優しさのある見守りや質の高い教育は必須です。

 今から30年前に多くの人々が今のような不安と隣り合わせの世の中が到来すると予測できたでしょうか?

 災害、経済、少子高齢化等々。今こそ30年後、いや50年、100年後のことを想定して未来にバトンを繋いでいかなければなりません。

 私は魅力溢れる神奈川県を更に福祉に強い神奈川県にしたい、なぜなら福祉は人の生命や生きる力を守るセーフティーネットでもあるからです。静かに目を閉じてこの神奈川県に想いを馳せたときに私には「共に生きる」という言葉が浮かんできます。この世に生まれてきた誰もが幸せになる権利があるということ。社会的弱者と言われる人々、とりわけ子ども・高齢者・障がい者、悩み、痛み、辛さを抱えている人々に優しい街、強いては虐待・いじめ・差別の根絶に一層力を入れたいのです。

 真の豊かさとは、人と人のぬくもりや絆を確かめ合うことができる社会に生きることではないでしょうか。特に一番身近なこの保土ケ谷で皆様が安心して暮らせることを大切にしたいと思います。いきいきと地域のことを語る機会を増やし、よりよい保土ケ谷にする活動をこれからも実践していきます。

 私は今までも、これからも大きな声に流されず、小さな声に耳を傾ける者でありたいと考えます。

もちづき聖子

横浜市保土ケ谷区岩間町1-9UKビル201

TEL:07038725296

https://mochizuki-seiko.com

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

保土ケ谷区版の意見広告・議会報告最新6

すべての子どもに笑顔が生まれる社会を!

県政報告

すべての子どもに笑顔が生まれる社会を!

立憲民主党・民権クラブ 神奈川県議会議員 もちづき聖子

5月5日号

市長の公約実現に市民も期待

市政報告

市長の公約実現に市民も期待

日本共産党横浜市会議員 北谷(きたたに)まり

4月21日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

市政重要課題について議論を深める

市政報告【6】

市政重要課題について議論を深める

横浜市会議員 森ひろたか

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

星川駅南口交通広場開設ときめ細やかな地域交通の推進

市政報告

星川駅南口交通広場開設ときめ細やかな地域交通の推進

自由民主党 横浜市会議員 いそべ圭太 3期40歳

3月31日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 4月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook