保土ケ谷区版 掲載号:2019年1月31日号
  • LINE
  • hatena

相鉄・JR直 通 線 新駅の開業まで約1年 都心部へのアクセス向上に高まる期待感

社会

建設が進む羽沢横浜国大駅
建設が進む羽沢横浜国大駅

 相鉄・JR直通線の開通までいよいよ1年近くとなった。開通に伴い、建設作業が進んでいる新駅「羽沢横浜国大駅」が開業する。同路線はJR東海道貨物線と繋がり、都心へのアクセス向上が期待されている。

 同線の開通は都市鉄道の利便性の向上を目的とした神奈川東部方面線事業の一つ。独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構が路線・駅の整備主体、相模鉄道と東京急行電鉄が営業主体として事業に関わっている。

 新設される路線は、西谷駅から羽沢横浜国大駅を経由し、新宿方面へと繋がる相鉄・JR直通線と西谷駅から新横浜駅(仮称)を経由し渋谷・目黒方面へ繋げる相鉄・東急直通線となる。

 同事業は、2005年の都市鉄道等利便増進法を受け、実施されている。乗り換え回数の減少や速達性を上げることで新宿や渋谷方面、新幹線の発着駅である新横浜駅へのアクセスの向上が大きな狙いだ。

 当初は、15年までの開業を目指していたが、用地取得の難航による工事の遅れなどで開業時期が順々に延ばされてきた。16年には相鉄・JR直通線が19年度下期、相鉄・東急直通線が22年度下期までの開業になる見通しが立った。

 都心直結が完了すると二俣川駅と新宿駅の間は現在よりも15分短縮され44分で結ばれ、目黒駅までは16分短縮され38分で到着することができるようになる。

 相鉄・JR直通線の開通に伴い、開業する「羽沢横浜国大駅」の工事も順調に進んでおり、すでに黒と橙を基調とした駅舎が建ちあがり、駅名が刻まれている。

路線新名称が決定

 相模鉄道と東京急行電鉄はこのほど、建設を進めている神奈川東部方面線事業について西谷駅〜新横浜駅(仮称)の路線名を「相鉄新横浜線」、新横浜駅(仮称)〜日吉駅を「東急新横浜線」と決定した。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月7日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク