保土ケ谷区版 掲載号:2019年2月14日号 エリアトップへ

2019年度区予算案 地域課題解決へ40事業 自主企画に約1億500万円

政治

掲載号:2019年2月14日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市がこのほど発表した2019年度予算案の中で、各区が独自の取り組みを推進するための予算「自主企画事業」の概要が明らかになった。保土ケ谷区では「いつまでも住み続けたいまち ほどがや」をテーマに40の事業を推進する計画だ。

 「自主企画事業」は区役所が地域の特性やニーズに応じまちづくりを推進するための経費で、区は来年度予算編成に際し地域課題などを勘案し4つの施策を柱に掲げ、1億521万2千円を計上した。

 防災、防犯をはじめとした安全・安心なまちづくりに関する事業には3034万4千円を計上。災害対策として「自助・共助による減災運動」を推進するほか、交通安全対策、防犯、食の安全、さまざまな困難を抱える家庭の社会的自立にむけた支援などに取り組む。エコ活動推進事業費は18年度比164万1千円増の267万1千円を計上。若年層をターゲットにした啓発イベントを開催する予定だという。

 「誰もが健やかに暮らせる環境づくり」分野では地域で孤立しない育児を実現するため、妊娠期から学齢期前までトータルで子育てをサポートする事業や子どもの虐待防止について地域の見守り力を高める事業などが盛り込まれている。

相鉄線星川駅周辺まちづくりを推進

 相模鉄道本線星川駅―天王町駅間の連続立体交差事業で昨秋、全線高架化されたことを契機に、高まっている星川駅周辺の開発に関しても予算が計上されている。

 地区の魅力を高め区心部の拠点性をさらに強化するため、星川駅周辺地区のまちづくりガイドラインを検討・策定するための事業経費として区予算内に500万円を計上。関係局と連携し事業を戦略的に行う「区局連携促進事業」の中で、星川駅周辺のバス交通アクセス向上検討事業費として道路局の予算内に300万円が計上されている。

 バス交通に関する地域意見を広く聴取すると同時に、バス事業者と調整し候補路線を選定した上で、周辺交通の現況把握やアンケートなど、地域の交通需要についての調査を実施する。

保土ケ谷区役所
保土ケ谷区役所

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

稀代の名器 音色蘇る

横浜国立大学

稀代の名器 音色蘇る 文化

修理費出資者集め演奏会

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

新広報車を導入

保土ケ谷交通安全協会

新広報車を導入 社会

57の法人、個人から200万円超の寄付

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

5月30日号

スマホ決済普及へ実証実験

洪福寺松原商店街

スマホ決済普及へ実証実験 経済

浜銀のサービス使い18店で

5月30日号

国交大臣表彰を受賞

境木ふれあいの樹林運営委員会

国交大臣表彰を受賞 社会

良好な維持管理などが評価

5月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク