保土ケ谷区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

マーケティングイン谷  屋 「横浜めんたい」が特別賞 横浜土産のコンテストで

社会

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
審査員特別賞を受賞した商品を手にする谷屋会長
審査員特別賞を受賞した商品を手にする谷屋会長

 区内に工場を構える業務用食材加工・卸のマーケティングイン谷屋(谷屋一好会長)が手掛ける「横浜めんたい」が、横浜の土産ブランドである「横濱001(ゼロゼロワン)」審査会で審査員特別賞を受賞した。

 001の商品は2年に1度の審査会で認定するもので、横浜らしい逸品の情報を発信し、国内外に向けてお土産を通じた横浜の魅力を伝えることを目的としている。今期は食品や雑貨ほのか、観光スポットなどのコトギフトを含む189商品(95社)が認定され、「横浜めんたい」を含む6品が審査員特別賞に選ばれた。

 1981年の創業以来、同社は子持ち昆布や数の子を主軸に魚卵食材の加工・卸売を展開してきた。子持ち昆布の取り扱い量は国内シェアの7割を占めているが、需要が10月から12月に集中していたため、売り上げを平準化する商材として7年前に生み出したのが明太子だった。

 漬けダレには戸塚で栽培されている唐辛子や神奈川を代表する果実として県がPRする湘南ゴールドを混ぜ込むなどし、「地元感」を演出した商品はすでに多くのファンをつかみ、洪福寺交差点近くの直売店でも人気商品となっている。

 今回の審査結果を受け、谷屋会長は「地元の方々が誇れる商品となれるよう、これからも努力を重ねていきたい。2年後には新たな商品を開発し市長賞を獲得できれば」と先を見据えている。
 

10月1日オープン予定

9月6日、7日、8日オープニングセミナー開催

https://www.tsukui.net

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク