保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月14日号 エリアトップへ

精神障害の研修会で体験談を話した区自立支援協議会・精神部会のメンバー 田口 圭子さん 上菅田町在住 76歳

掲載号:2019年3月14日号

  • LINE
  • hatena

覚悟を持って伝えていきたい

 ○…先月下旬に開催された精神障害について理解を深めるための研修会。同研修会の主催者で昨年5月に立ち上がった区自立支援協議会・精神部会のメンバーとして携わり、障害当事者を持つ家族の立場からリアルな体験談を話す役割を引き受けた。「覚悟を持っていろいろな人に伝えていきたい」と力を込めて話し、同席した関係者も「勇気もって話してくれたことはなかなかできないこと」と敬意をもって話す。

 ○…娘が高校の時に引きこもりに。「当時は引きこもりという概念がなかった時代。あちこちの病院に相談したけども、分からない状態が続いていた」。結果的に精神障害として医療と結びついたのは発症から9年経ってからだった。「もう少し早く精神障害について知っておけば」と話し、「同じような立場の人たちに手遅れになる前に早く医療に結び付けられるように動いて欲しい」と発信の大切さを呼びかける。

 ○…区の精神障害者を支える家族会「たちばな会」に入会したのは20年ほど前。「分からないことだらけだったけど、入会したことでさまざまな情報を入手できたことはすごく大きい」という。9年前には同会の会長を4年間務めた。女性として初の会長だが、「娘からの後押しや周囲が応援してくれてとても嬉しかった」とほほ笑む。精神障害を知ってもらうためのフォーラムを開催した時にも「たくさんの人が来て手伝ってくれた」と人望の厚さものぞかせる。

 ○…「30年ほど前と比べ、精神障害に対する理解が進んで支援してくれる人も多くなってきている」と周囲を取り巻く環境の変化を話し、「1人ではできないことも、経験を話すことでお互いの気持ちを理解し合えるようになっていければ」と自然体で柔らかな表情で話す姿が印象的だった。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月16日号

扇 浩一郎さん

第6回ほどがや防犯川柳コンクールで最優秀賞を受賞した

扇 浩一郎さん

川辺町在勤 43歳

4月9日号

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

3月26日号

中尾 みゆうさん

米国内での原水爆禁止世界大会に参加し、腹話術で核廃絶を訴える

中尾 みゆうさん

岩間町在住 16歳

3月19日号

志駕 晃(しが あきら)さん

映画化された『スマホを落としただけなのに』シリーズの原作者

志駕 晃(しが あきら)さん

横浜市在住 57歳

3月5日号

小泉 朋さん

英国の伝統的な踊り「モリダンス」を披露する「グランド・ハマ・モリス」メンバー

小泉 朋さん

ろう特別支援学校出身 21歳

2月27日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク