保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

常盤台地区連合町内会 住民主導で素案づくり バリアフリー基本構想

社会

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena
ワークショップのようす
ワークショップのようす

 羽沢横浜国大駅の開業を控え、常盤台地区連合町内会(石川源七会長)らがこのほど、住民提案制度を活用し、バリアフリー基本構想の素案をまとめ、市道路局に提出した。6月頃に審査結果が出る見通し。

 2006年にバリアフリー法が施行されたことを受け、横浜市は高齢者や障害者、妊婦、けが人などの移動や施設利用の利便性向上を目指し、バリアフリー施策を推進している。行政が主導する形で各区で基本構想が策定されているが、同地区では住民やNPO法人などが「基本構想素案」を作り市町村に提案できる「住民提案制度」を活用。住民提案によるバリアフリー構想は全国的にみても珍しく、市内では初めてとなるケースとなる。

 常盤台地区では2008年から横浜国立大学建築計画研究室と協働で地域の課題解決へ向けたワークショップ(WS)を定期的に開催。これまで防災マップや支え合いマップなどを作り上げてきた。国大側からの提案を受け今年度のテーマに掲げたのが、バリアフリー基本構想素案の作成だった。

 対象エリアは新駅を含めたおおよそ半径1キロメートルの範囲。地域内のバリアフリー的な観点からの課題を抽出するまち歩きには100人近い住民が参加した。

 今回、まとめられた素案には生活者目線から抽出された多くの課題と対応策が示されている。6月の審査を通過すれば今後は道路局と共に基本構想案づくりが進められ、2、3年後を目途に実施されることになる。石川会長は「手応えは感じている。今後、住民提案型のスタイルが地域づくりの新たな形として定着していくことができれば」と話している。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月19日号

銭湯が美術館に

仏向町黄金湯

銭湯が美術館に 社会

伊藤若冲作品など投影

9月19日号

全小学校に民間支援員

プログラミング必修化

全小学校に民間支援員 教育

教員向けにICT指導

9月12日号

公式ラケット誕生

スリッパ卓球選手権大会

公式ラケット誕生 社会

「遊びではなくスポーツに」

9月12日号

市立中3生、英語で2位

全国学力テスト

市立中3生、英語で2位 教育

学習意欲の高さ要因か

9月5日号

悲願成就へあと一歩

岩崎中女子ハンドボール部

悲願成就へあと一歩 スポーツ

全国大会で銅メダル

9月5日号

地域に新たな「足」

仏向地区社協

地域に新たな「足」 社会

高齢者の買い物支援に

8月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク