保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

市指定路線沿道建築物 耐震性なし300棟超 結果をホームページで公表

社会

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、高速道路や国道1号・16号線など、市内主要幹線道路20路線に面した沿道建築物のうち、旧耐震基準で建築された建物について、所有者等に義務づけた耐震診断の結果を公表した。これによると「耐震性なし」と分類された建物が336件に上ることが分かった。

 今回の耐震診断結果公表は、2013年に施行された「改正耐震改修促進法」を受けたもの。同法は大地震で沿道の建物が倒壊し、避難や救急、物資輸送等の大動脈となる道路の通行が阻害されることを防ぐことなどが目的。地方公共団体指定路線の沿道にある対象建築物所有者等に耐震診断結果の報告を義務づけ、結果を公表することとしている。

 市内で該当する建物は公共建築物で12、民間建築物で453の計465棟。これらについて、震度6強から7程度の大規模地震での倒壊・崩壊危険性の報告を受けた。結果、336件に耐震性がなかった。建築物の概要や診断結果、耐震改修等の予定などは、建築局ホームページと同局窓口で公表。市は「災害は備えが重要。公表内容は、身の回りの防災情報の一つとしての位置づけでもある」としている。

制度周知で改修へ

 30年以内の横浜での大地震発生予測は80%以上とされ、市も「必ずやってくる」として防災計画を進めている。災害時の初動対応に遅れを生じさせないためにも、改修促進には、スピード感を持った対応が求められる。

 しかし、建築物所有者等からは、リスクは承知していてもすぐに工事に踏み切れないという声もあるという。住宅・店舗・事務所など建築物の用途は様々な上、資金やテナントとの関係などの課題が主な理由だ。

 こうした中、市は支援策として2017年から「耐震トータルサポート事業」を始めた。建築士やファイナンシャルプランナー、弁護士など専門家によるアドバイスと設計・工事補助により、計画的な耐震化を促すものだ。ここ2年間での活用は35件。市は「制度の周知と耐震への啓発を一層推し進めていきたい」と話している。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

パパたち気軽に育児共有

パパたち気軽に育児共有 社会

こっころ「おとわらの日」2年目に

6月27日号

養蜂場はビル屋上

和田産ハチミツ

養蜂場はビル屋上 社会

地元住民らが今年初の採蜜

6月27日号

区の独自施策が奏功

感震ブレーカー

区の独自施策が奏功 社会

昨年度1412個の設置促進

6月20日号

保土ケ谷から2店が参戦中

保土ケ谷から2店が参戦中 経済

ハンバーグの横浜王座決定戦

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

稀代の名器 音色蘇る

横浜国立大学

稀代の名器 音色蘇る 文化

修理費出資者集め演奏会

6月13日号

新広報車を導入

保土ケ谷交通安全協会

新広報車を導入 社会

57の法人、個人から200万円超の寄付

6月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

愛で障害者を救う

愛で障害者を救う

区内NPOがイベント

7月13日~7月13日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク