保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

都市マス保土ケ谷区プラン 16年ぶりに改定 20年後のまちの将来像示す

社会

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
新プランを手にする区役所職員
新プランを手にする区役所職員

 保土ケ谷区はこのほど区のまちづくりの基本方針となる「都市計画マスタープラン保土ケ谷区プラン」を改定し公表した。前計画の策定から15年余りが経過し、人口減少や高齢化などを踏まえ、土地利用や都市交通、防災などの課題に対応するための方針などが示されている。

 「保土ケ谷区プラン」は市全体の方針である「全市プラン」を前提としたもので、約20年後の区の将来像を見据え、道路や公園、河川などの整備方針や課題解決へ向けたまちづくりの在り方などがまとめられている。

 今回、公表された改定版ではまちづくりの目標を「市の中心部に近い立地を生かし、自然や歴史などの魅力を大切にしたいつまでも住み続けたいまち」とした。その上で「土地利用」「都市交通」「都市環境」「都市の魅力」「都市活力」「都市防災」の6項目について方針を示している。

 市街地の構成について丘陵部と低地部に分けそれぞれの成り立ちや現況を踏まえた暮らしの環境整備をめざすとし、丘陵部は良好な住宅地とし、低層住宅地あるいは中高層住宅地を中心とする住環境の維持・向上を図るとされている。その一方で、低地部は複合的な市街地とし、さまざまな都市機能の集積を図るとしている。

 都市交通に関しては神奈川東部方面線の整備に伴い区内から新駅へのアクセス動線について検討し、交通結節点としての機能向上を図るほか、昨秋に全線高架化した相鉄本線(星川駅―天王町駅)周辺では道路や駅前広場の整備、駅や歩行者空間のバリアフリー化を進めるなど交通環境を体系的に整えるとしている。また、環状1号線、鴨居上飯田線は優先的に整備を進め、国道1号線など現道があるが着手時期未定の都市計画道路については局所的な改善に取り組むと示している。

 同プランは区役所区政推進課や図書館、各地区センター、市民情報センターなどで閲覧・配布されているほか、区ホームページ(http://www.city.yokohama.lg.jp/hodogaya/plan/)でも閲覧することができる。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク