保土ケ谷区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

保土ケ谷警察署 有事にドローン活用 区内の民間企業と協定締結

社会

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
締結を交わした片桐署長(左)と南社長夫妻
締結を交わした片桐署長(左)と南社長夫妻

 保土ケ谷警察署(片桐俊彦署長)は3月18日、区内で小型無人航空機・ドローン事業を展開している会社、(株)JINSOKUTSU(南博司代表取締役社長)=人物風土記で紹介=と大規模災害やテロ対策に伴う活動支援に関する協定を締結した。同署がドローンを活用した協定を締結したのは今回が初となる。

 ドローンについては、近年発生している土砂災害や集中豪雨の被害状況の確認に活用されるなど、県内の警察署で導入が進められているという。同署においても今年のラグビーワールドカップや東京五輪などのイベントでのテロ対策や近い将来発生が予想される大規模地震を想定し、ドローンの持つ機能に着目。区内にドローン会社がないか調べる中で、同社の存在を知り3カ月ほど前から話を進め、締結に至った。

 締結後、同署の屋上で南社長自らがデモンストレーション飛行を披露し、タブレット端末にドローンが撮影した鮮明な映像が映し出されると署員からは感嘆の声が上がった。

 片桐署長は「ドローンを活用することで災害対策やイベントの安全対策を効果的にできるようになる。災害時に人が行けないような場所でも行けるというメリットを警察活動に生かしていきたい」と期待を寄せた。南社長は「保土ケ谷のために何かできないかと考えていた。今回、話をもらいありがたい」と話した。
 

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

区の独自施策が奏功

感震ブレーカー

区の独自施策が奏功 社会

昨年度1412個の設置促進

6月20日号

保土ケ谷から2店が参戦中

保土ケ谷から2店が参戦中 経済

ハンバーグの横浜王座決定戦

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月13日号

稀代の名器 音色蘇る

横浜国立大学

稀代の名器 音色蘇る 文化

修理費出資者集め演奏会

6月13日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月6日号

新広報車を導入

保土ケ谷交通安全協会

新広報車を導入 社会

57の法人、個人から200万円超の寄付

6月6日号

スマホ決済普及へ実証実験

洪福寺松原商店街

スマホ決済普及へ実証実験 経済

浜銀のサービス使い18店で

5月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

糖尿病テーマに講座

保土ケ谷中央病院

糖尿病テーマに講座

24日、25日

6月24日~6月25日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク