保土ケ谷区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

統一地方選市議選 齋藤氏がトップ当選 新人も2人が議席確保

政治

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena
集まった支持者とともに万歳する齋藤氏
集まった支持者とともに万歳する齋藤氏

 現職と新人それぞれ4人が立候補し4月7日に投開票された横浜市会議員選挙保土ケ谷区選挙区(定数5)は公明党の現職・齋藤伸一氏(51)が1万4016票を獲得しトップ当選を果たした。新人では自民党の青木亮祐氏(42)が1万1720票、無所属の森泰隆氏(41)が1万324票を集め初当選。一方で現職の坂井太氏(51)は議席を失った。

 初当選以来5度目のトップ当選となった齋藤氏は4期16年の実績をアピールすると同時に相鉄線星川―天王町駅間の高架化を活かしたバス路線の再編成や保土ヶ谷駅東口のバリアフリー化などを訴え盤石の強さを見せた。

 午後11時50分過ぎに当選の報を受けた齋藤氏は事務所に集まった支援者とともに万歳。「普段からご相談いただくことに対してスピード感を持ち対応してきた。そこを評価していただいたのではないか」と話した。

 選挙期間中には党の大物議員が選挙区に入り応援を受けた自民党の新人・青木氏は「市域包括ケアシステム」推進などを訴え初めて議席を確保。今期限りでの市議からの引退を表明している森敏明氏を父親に持つ新人・森氏は労組などを中心とした組織戦を展開、初当選を決めた。共産党の現職・北谷眞利氏(57)はカジノ誘致の反対や中学校給食の実現などを訴え2度目の当選となった。最後の議席を確保したのは自民党の現職・磯部圭太氏(37)。徹底した行財政改革で財源を確保し、保土ケ谷から市民本位の政治を実行するなどと訴え3度目の当選となった。

坂井氏が議席失う

 過去3度の選挙は自民党からの出馬だったが、今回の選挙戦では自民党の公認を得られず無所属での戦いとなった現職・坂井太氏(51)は票を伸ばすことができず議席を失った。投票率は前回を0・58ポイント上回る42・33%だった。

県議選現職・高橋氏が3度目新人・望月氏が初当選

 2議席を争った県議会議員選挙は自民党の現職・高橋栄一郎氏(49)が3万4414票を獲得し3度目、立憲民主党の新人・望月聖子氏(49)が2万5967票を集め初の当選を果たした。保土ケ谷区選挙区では16年ぶりの女性県議の誕生となる。

 両氏以外に立候補予定者が現れず無投票の可能性もあった県議選だったが、共産党の新人・小澤睦夫氏(75)が3月中旬に出馬を表明。しかし盤石の強さを見せた高橋氏と女性視点からの施策を訴えた望月氏が議席を確保した。投票率は42・23%で4年前に比べ0・58ポイント上昇した。

知事選黒岩氏が3選

 同日に行われた神奈川知事選挙は現職の黒岩祐治氏(64)が約225万票と圧倒的な支持を集め、新人の岸牧子氏(62)に大差を付けて3度目の当選を果たした。

 保土ケ谷区内の得票数は黒岩氏が5万2155票、岸氏が1万7343票だった。

万歳する高橋氏(中央)
万歳する高橋氏(中央)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

夏の決勝、保土ケ谷で

高校野球

夏の決勝、保土ケ谷で スポーツ

五輪開催措置で45年ぶり

2月20日号

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク