保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

境木ふれあいの樹林運営委員会 国交大臣表彰を受賞 良好な維持管理などが評価

社会

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
境木ふれあいの樹林(写真上)と受賞の喜びを語る左から縣会長と田中会長(同右)
境木ふれあいの樹林(写真上)と受賞の喜びを語る左から縣会長と田中会長(同右)

 境木ふれあいの樹林運営委員会(縣洋之会長)=人物風土記で紹介=が「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞した。北部公園緑地事務所によると、同所が管轄している区内の団体が同賞を受賞したのは初。樹木の維持管理や地域住民の交流などに貢献している点が評価された。

 同表彰は、花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間の団体に対し、その功績を称えるもの。今年は全国から105団体が受賞し、横浜市からは同運営委員会を含めて4団体が受賞している。

 同運営委員会が設立したのは1996年。境木地蔵尊の裏に位置する私有地だった樹林を市が借り受け、管理委託を受けて活動している。現在、会員数は35人で組織され、約1ヘクタールある樹林内の草刈りや清掃を定期的に行い、長年にわたりこまめに維持・保全を行ってきた。

 また、縣さんが5年前に会長に就任してからは市と連携し、専門家と樹林内を巡りながら勉強会を積極的に積み重ねてきた。こうした結果、絶滅危惧種に指定されているキンランやギンランといった希少植物の自生や同じく絶滅危惧種に指定されている鳥類のツミの営巣が数年前から確認されるようになったという。

 保全活動に加え地域の子ども達を対象とした環境学習や春と秋の年2回に祭りを開催。近隣から約600人が来場するなど、地域の幅広い世代による交流の場としての役割も果たしている。

 縣会長と同席した田中久権太坂境木地区連合自治会長は今回の表彰を受け、「日頃からの樹林の維持管理をやってきた結果が評価されたと思う。仲間たちがいたからこそできたこと」と口を揃えて感謝の言葉を話した。
 

永代供養墓 やすらぎの郷霊園 

永代使用料、永代供養料20万円~。管理費無料。宗教・宗派不問。生前申込受付中

http://www.y-yasuraginosato.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク