保土ケ谷区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

約1千匹がお引越し保土ケ谷公園 プールからヤゴを救出

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 花見台の県立保土ケ谷公園内のプールで7月の開業を前にした清掃作業を控えた5月25日、親子連れら45人がトンボの幼虫であるヤゴを「救出」する取り組みを展開し、約1千匹を園内の池に移した=写真。

 同園のプールは谷間に位置し大きな木々に囲まれているため、落ち葉の堆積が多く水生生物にとっては「暮らしやすい」環境が整っている。指定管理者として2015年から園を管理する公益財団法人神奈川県公園協会では、閑散期のプールを活用し子どもたち向けの自然教育を進める取り組みに力を注いでいる。

 今回の取り組みもその一環で、この日、参加者はたも網などを使い幼児プールや噴水プールなどから、すくい上げた落ち葉の中からヤゴを救出。採取後には専門家から指導を受けながら、体長や形、あごや腹部の形状などを指標にヤゴの同定作業を行い、ギンヤンマやシオカラトンボ、アカトンボ類など約1千匹が、参加者の手でプールに隣接し、さまざまな水生生物が生息している「上池・下池」に放たれた。

 救出したヤゴの一部は参加者が持ち帰り育てる。イベントに参加した小学1年生の男児は「いっぱいいてびっくりした。先生に教わったように水を取り替え、エサをあげて大切に育てたい」と話した。

 例年、同公園では9月から10月ごろにかけて、トンボが飛び交う姿が盛んに見られるという。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

リモート交通安全教室

リモート交通安全教室 社会

上菅田笹の丘小で初実施

9月24日号

あおり運転罰則強化

あおり運転罰則強化 社会

「余裕を持った運転を」

9月24日号

「バイクの運転 気をつけて」

「バイクの運転 気をつけて」 社会

死亡事故が大幅増

9月24日号

「安心・安全に暮らせる街を」

「安心・安全に暮らせる街を」 社会

新井署長インタビュー

9月24日号

被害減少も警戒を

特殊詐欺

被害減少も警戒を 社会

「手交型」が増加

9月24日号

提灯に願い込め

提灯に願い込め 社会

交通安全を呼び掛け

9月24日号

羽沢保育園 常勤保育士募集!

自分が働きたい保育園を探すのは楽じゃない、という人集まれ!

https://www.hazawa.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク