保土ケ谷区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

保土ケ谷少年補導員連絡会の会長を務める 新庄 茂さん 峰岡町在住 70歳

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena

将来の地域への繋ぎ役に

 ○…青少年の健全育成や非行防止に取り組む「保土ケ谷少年補導員連絡会」の会長に今年度就任。前会長のこれまでの実績を受け継ぎつつ、「皆の力を借りていきながら知恵を出し合い、新しい事にも取り組んでいければ」と非行防止教室の開催だけでなく、警察と連携しながら小学校向けに不審者対応訓練への参加など今年度の展望をはきはきした声で意欲的に話す。

 ○…小学4年時から峰岡町に暮らす。大学卒業後、横浜銀行に入行し、定年まで勤め上げた。一時期ロンドン支店に赴任し、外国為替取引業務に従事。「瞬時の判断が求められる業務だったが、世界の金融街と言われている『シティ』で働けたのは光栄」と話し、「海外経験したことで視野が広がったのは人生上貴重」とロンドン市章の模様が入ったネクタイに手をやり、懐かしそうに回想する。

 ○…民生委員や児童委員なども務め、地域活動に熱心に取り組む。海外赴任時代の家族旅行先での出来事がきっかけだ。支店から父親危篤の報が入ったが、ロンドンから離れた場所にいたため、自力で戻らないといけない困難な状況の中、現地の人々から多くの助けを得た。「十分に言葉が通じない中、気持ちが伝われば人種とか関係ない。困った時の助け合いや人から受けた情といった事を胸に地域貢献できれば」とその原点を振りかえる。

 ○…「今後の地域を支えていくのは子どもたち。いずれ共に地域を支える仲間としてしっかりと見守っていけたら」と話し、もう一つ自身の命題としている同連絡会の後任者育成と共に自身を「つなぎ役」に例えて全うしていく覚悟だ。それぞれをつなぎ終えたあとの自身を「『介護』ではなく『回顧』していきたい」と時折、親父ギャグをきかせながら笑う姿にユーモアな一面ものぞかせる。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

21歳

11月26日号

藤平 澄子さん

保土ケ谷区の「横浜子育てパートナー」として相談員を務める

藤平 澄子さん

川辺町在勤 64歳

11月19日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

62歳

11月12日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

47歳

11月5日号

高橋 舞加さん

蟻の観察をテーマにした親子向けのセルフガイド作成に携わった

高橋 舞加さん

狩場町在勤 22歳

10月29日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

23歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク