保土ケ谷区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

感震ブレーカー 区の独自施策が奏功 昨年度1412個の設置促進

社会

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
バネ式の感震ブレーカー
バネ式の感震ブレーカー

 大きな揺れを感知すると自動的に電気の供給を遮断する「感震ブレーカー」の設置費用の一部を行政が助成する事業で、保土ケ谷区内では昨年度、制度を活用し1412個の設置が完了したことが分かった。

 消防庁の調べでは地震による二次災害で最も多いのが火災で、東日本大震災における火事災害の出火原因の約6割が電気関連製品の配線などからの出火だった。

 横浜市では2015年度から感震ブレーカーの設置費用の一部を補助する事業を開始。しかし補助対象地域が木造住宅密集地域に限られていることもあり申請件数が伸び悩んでいた。このような状況を受け保土ケ谷区は昨年度、対象地域外だった自治会・町内会での設置も後押しすることで普及率を高める独自の施策を展開していた。

 区総務課によると昨年度1年間の設置件数実績は35団体で1412個。このうち区の補助事業を活用し、設置したのは29団体で941個、市の補助事業によるものは6団体で471個だった。

 この結果を受け区は今年度も補助事業を継続。区内全ての自治会・町内会を補助対象地域とし、加入世帯の10世帯以上がまとまれば、区が対象としている7種の感震ブレーカーの購入・設置費用の2分の1(上限2千円)を補助が受けられる。申請は11月29日まで受け付けている。問い合わせは区総務課【電話】045・334・6203へ。

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

公民連携し魅力ある公園へ

横浜市

公民連携し魅力ある公園へ 社会

基本方針を策定

7月18日号

温浴施設が選挙割

参院選

温浴施設が選挙割 政治

投票証明書持参でサービス

7月18日号

新外来棟が竣工

聖隷横浜病院

新外来棟が竣工 社会

16日から診療開始

7月11日号

プレミアム商品券を販売

洪福寺松原商店街

プレミアム商品券を販売 経済

天候不良考慮し1カ月前押し

7月11日号

学校・病院、全面禁煙に

健康増進法7月1日改正

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

7月4日号

運転免許返納で特典

上星川温浴施設

運転免許返納で特典 社会

高齢ドライバー事故受け

7月4日号

養蜂場はビル屋上

和田産ハチミツ

養蜂場はビル屋上 社会

地元住民らが今年初の採蜜

6月27日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高校野球パネル展

保土ケ谷公園内ギャラリー

高校野球パネル展

「平成」テーマに30日まで

6月27日~7月30日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク