保土ケ谷区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

和田産ハチミツ 養蜂場はビル屋上 地元住民らが今年初の採蜜

社会

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena
遠心分離機にかけ蜜を採取
遠心分離機にかけ蜜を採取

 和田で養蜂プロジェクトに取り組む「昭和建設株式会社」(工藤圭亮代表取締役)で6月22日、今年初めてとなる採蜜作業が行われた。

 地元の新たな名産品としてハチミツを活用しようと2010年から始まったプロジェクトは「わだまちミツバチ大作戦」銘打ち、社屋ビルの屋上を利用して養蜂場を設置。毎年およそ2万匹のミツバチを飼育し、採取したハチミツは「ハニー」と「和田」を掛け合わせ「WANEY(ワニー)」と名付けられ、地元のイベントなどで販売され、人気を集めている。

 ミツバチは横浜国立大学や県立保土ケ谷公園など半径2Km圏内の場所から蜜を集め、春先はあっさりとした味わいで、秋になるとコク深い味になるという。例年は5月中旬から蜜を取る作業が始まるが、今シーズンは天候の影響もあり22日に初蜜を採取した。

 この日は地域に暮らす親子連れ30人ほどが来社し採蜜作業を体験。防護服に身を包んだ子どもたちが巣箱から取り出された板を遠心分離機にかけ、蛇口のコックを開くと蜜が流れ出し、甘い香りが立ち込めると「ホットケーキにかけて食べたい」などと話していた。

 この日、集まった純度100%の和田産ハチミツは5kg、甘さを表す糖度は81・5で品質も上々だという。参加者には「アルバイト代」として瓶に詰めた「ワニー」がプレゼントされた。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

和田町で「地蔵まつり」

和田町で「地蔵まつり」 社会

あす、あさっての2日間

8月22日号

PTAバンドが15周年

PTAバンドが15周年 文化

24日に記念コンサート

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

250人が平和へ祈り

250人が平和へ祈り 社会

英連邦戦死者墓地で礼拝

8月15日号

今年は11月に開催

保土ヶ谷宿場まつり

今年は11月に開催 社会

30回目を迎え転換期

8月8日号

天王町から二俣川へ移転

よこはま西部ユースプラザ

天王町から二俣川へ移転 社会

利用者の利便性向上へ

8月8日号

西谷には特急・快速停車

相鉄・JR直通線

西谷には特急・快速停車 社会

海老名-新宿間1日46往復

8月1日号

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

住民主体の防災考える

住民主体の防災考える

減災運動推進大会9月7日

9月7日~9月7日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク