保土ケ谷区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

和田産ハチミツ 養蜂場はビル屋上 地元住民らが今年初の採蜜

社会

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena
遠心分離機にかけ蜜を採取
遠心分離機にかけ蜜を採取

 和田で養蜂プロジェクトに取り組む「昭和建設株式会社」(工藤圭亮代表取締役)で6月22日、今年初めてとなる採蜜作業が行われた。

 地元の新たな名産品としてハチミツを活用しようと2010年から始まったプロジェクトは「わだまちミツバチ大作戦」銘打ち、社屋ビルの屋上を利用して養蜂場を設置。毎年およそ2万匹のミツバチを飼育し、採取したハチミツは「ハニー」と「和田」を掛け合わせ「WANEY(ワニー)」と名付けられ、地元のイベントなどで販売され、人気を集めている。

 ミツバチは横浜国立大学や県立保土ケ谷公園など半径2Km圏内の場所から蜜を集め、春先はあっさりとした味わいで、秋になるとコク深い味になるという。例年は5月中旬から蜜を取る作業が始まるが、今シーズンは天候の影響もあり22日に初蜜を採取した。

 この日は地域に暮らす親子連れ30人ほどが来社し採蜜作業を体験。防護服に身を包んだ子どもたちが巣箱から取り出された板を遠心分離機にかけ、蛇口のコックを開くと蜜が流れ出し、甘い香りが立ち込めると「ホットケーキにかけて食べたい」などと話していた。

 この日、集まった純度100%の和田産ハチミツは5kg、甘さを表す糖度は81・5で品質も上々だという。参加者には「アルバイト代」として瓶に詰めた「ワニー」がプレゼントされた。
 

10月1日オープン予定

9月6日、7日、8日オープニングセミナー開催

https://www.tsukui.net

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「トップ10入り目指す」

横浜FC

「トップ10入り目指す」 スポーツ

13年ぶりのJ1舞台

1月23日号

デジタル駆使し運動会

保土ケ谷小5年生

デジタル駆使し運動会 教育

2月1日、3日に初開催

1月23日号

救急出場が過去最多

保土ケ谷消防署

救急出場が過去最多 社会

2019年の概況まとまる

1月16日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月16日号

「飛躍するチャンスの年」

「飛躍するチャンスの年」 政治

菅井区長に聞く

1月9日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月9日号

留学生が母国の味振る舞う

あったかほどがやみんなde食堂

留学生が母国の味振る舞う 社会

ベトナム風角煮など3品

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

学園通りでコンサート

「危ない通学路」イメージ払拭へ

学園通りでコンサート

岩崎中で2月1日

2月1日~2月1日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク