保土ケ谷区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

聖隷横浜病院 新外来棟が竣工 16日から診療開始

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
16日から診療を受け付ける新外来棟(写真上)、竣工式であいさつする山本理事長(同右)
16日から診療を受け付ける新外来棟(写真上)、竣工式であいさつする山本理事長(同右)

 老朽化のため外来棟の建て替え工事を進めていた岩井町の聖隷横浜病院(林泰広院長)で7月4日、関係者らおよそ120人が集まり竣工式が行われた。16日から新棟での外来診療を開始する。

 聖隷横浜病院は2003年3月に国立横浜東病院から経営移譲を受け開院。旧外来棟は国立病院から引き継いだ74年に竣工した建物で建築から40年近くが経過し、老朽化してきたことから12年から建て替えについて検討が進められ、16年春に着工した。

 新外来棟は地下1階地上4階の鉄筋コンクリート造りで免震構造を採用。大地震発災時の被害を最小限に抑え、継続的に医療活動を行えるようになる。旧外来棟に比べ診療室数が18室増え、透析ベッド数も増える。

 救急診療機能の充実もポイントのひとつとなる。手術室の数が1室増え、時間外診療も受け付け、急性期病院としての役割を強化するほか、ドック・検診室の拡充も図られる。

 この日の竣工式で列席者を前にあいさつに立った社会福祉法人聖隷福祉事業団の山本敏博理事長は「これだけ多くの方にお集まりいただいたということは、大きな期待と捉えている。地域共生社会の実現するため、医療を充実させ、地域に信頼され、必要とされる病院であり続けたい」とし、「次は入院棟と薬局部分の改修に着手したい」と決意を語った。

 新外来棟では16日(火)から診療を開始する。

トレッサ横浜 夏イベント!

8/10(土)クレイジーケンバンド ニューアルバム発売記念イベントほか

https://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

YCVと命名権契約

天王町商店街協同組合

YCVと命名権契約 経済

番組やCMでPR強化

10月10日号

来年2月から一時休業

イオン天王町店

来年2月から一時休業 経済

建替え後、22年の再開めざす

10月3日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

天王町公園に特設リング

天王町公園に特設リング 社会

28日に「商店街プロレス」

9月26日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月19日号

銭湯が美術館に

仏向町黄金湯

銭湯が美術館に 社会

伊藤若冲作品など投影

9月19日号

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

まちかど博物館巡り

スタンプラリー企画

まちかど博物館巡り

あす11日から

10月11日~11月10日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク