保土ケ谷区版 掲載号:2019年8月1日号 エリアトップへ

横浜市 食品ロス、アプリで削減へ 民間企業と連携

社会

掲載号:2019年8月1日号

  • LINE
  • hatena

 本来食べられるにも関わらず廃棄されてしまう「食品ロス」が社会問題となっている中、横浜市は飲食店などで残った商品を必要な人に紹介・案内することにより廃棄を減少させる「フードシェアリング」アプリを使った取り組みを開始した。

 市内の家庭から出される燃やすごみの中には、年間で約10万5千トンもの食品ロスが含まれており、市民一人当たり年間約28キログラム、金額に換算すると約2万2千円の食品が捨てられていることになる。

 市は家庭での食品ロス削減を呼びかける施策展開とあわせ、小盛りメニューや持ち帰りなどに対応している飲食店を認定する「食べきり協力店」事業を2012年度からスタート。これまで職員が行きつけの飲食店などに呼びかける地道な活動を続け拡大を図ってきた。7月末時点で850店ほどが事業に賛同しているが、ここ数年は新規登録店数が伸び悩んでいた。

見切り品を売買

 現況打開を狙い始まった今回の取り組みはスーパーマーケットで値引き品を購入するようなイメージだ。外食・中食事業者向けに売れ残りや廃棄予定の食品と買い手(食べ手)をつなぐフードシェアリングプラットホームを手掛ける(株)コークッキングからの提案を受ける形で連携協定を締結。外食時における食品ロス削減と市民意識向上に向けた取り組みを展開する。

 同社が運営するフードシェアリングサービス「TABETE」へ参加する店舗は営業終了間際で売れ残りそうな商品など、廃棄処分となりそうな商品をアプリ上に出品。市民は希望する商品が見つかれば、店舗で代金を支払い商品を引き取ることができ、食品ロスの削減につながることになる。

 節分の恵方巻きが大量に廃棄処分されていることが報じられ問題となったことで、食品ロスを削減する機運が高まりを見せつつある。市資源循環局担当者は「食品ロスに対する意識が高まっておりアプリの導入で市内の『もったいない』を少しでも減らすことができれば」と話している。アプリはApp StoreやGoogle Playからダウンロードできる。

10月1日オープン予定

9月6日、7日、8日オープニングセミナー開催

https://www.tsukui.net

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

暦挿絵に障害者の力作

偕恵いわまワークス

暦挿絵に障害者の力作 社会

テーマは「私の好きな人」

12月5日号

ボッチャの魅力発信

保土ヶ谷小4年1組

ボッチャの魅力発信 教育

PTA主催のイベントで体験会

11月28日号

J1復帰決まる

横浜FC

J1復帰決まる スポーツ

2007年以来13年ぶり

11月28日号

青染めで昇格後押し

サッカーJ2横浜FC

青染めで昇格後押し スポーツ

最終戦で1万人にシャツ配布

11月21日号

地域特性の坂道に着目

保土ケ谷区福祉保健課

地域特性の坂道に着目 社会

健康ウォーキングマップ刊行

11月21日号

環境絵日記で優秀特別賞

瀬戸ヶ谷小6年安藤さん

環境絵日記で優秀特別賞 社会

「つながり」をテーマに描く

11月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク