保土ケ谷区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

「熱中症気を付けて」 保土ケ谷消防署が注意喚起

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena

 7月29日に気象庁が関東での梅雨明けを発表して以降、熱中症による救急搬送数が急激に増加している。保土ケ谷消防署では熱中症対策について注意を呼び掛けている。

 同署によると、市内での今年5月1日から8月5日までの間に熱中症による搬送件数は593件と昨年同期比で705件減少。今年は梅雨の時期が長かったことによるものとされている。ところが、7月24日に搬送件数が11件と初の二桁を記録すると、29日から5日まで1日平均値は46件前後と急増。梅雨明けにより、急激に気温が上昇したことで熱中症にかかり搬送されるケースが多発したとみられる。年齢別にみると75歳以上の搬送件数が189件と約3分の1を占めている。

 区内では8月5日までで32件の搬送があり、そのうち4件は「入院して集中治療の必要性のある」重症、11件は「病院の搬送を必要とする」中等症レベルだった。

 同署の救急担当課長・渡辺敏之さんは今後さらなる増加が予想される熱中症の予防策として「こまめに水分をとり、寝る前にも水分を補給すること」、「室内でもエアコンなどを使い温湿度を保つ」とポイントをあげ「外出する際はメディアなどで報じられる暑さ指数(WBGT)を確認し、行動をすることが大切だ」と呼びかけている。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

地場野菜ズラリ

地場野菜ズラリ 社会

あす区役所前で朝市

5月26日号

3年ぶりの賑わい

3年ぶりの賑わい 文化

星川で花フェスタ

5月26日号

放課後の居場所開設

橘中学校

放課後の居場所開設 教育

NPO法人が運営

5月26日号

伝統工芸で国際交流

伝統工芸で国際交流 文化

ワークショップの受付中

5月26日号

雨音に負けず歌唱

区の歌合唱団

雨音に負けず歌唱 文化

現役区長も初参加

5月26日号

科学の楽しさ 子どもに

科学の楽しさ 子どもに 社会

NPOがスタッフ募集

5月26日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook