保土ケ谷区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

和田町で「地蔵まつり」 あす、あさっての2日間

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
地元の守り神として崇められる「和田地蔵」
地元の守り神として崇められる「和田地蔵」

 夏休みも終盤となるあす8月23日(金)、あさって24日(土)の2日間、相鉄線「和田町」駅周辺で恒例の「和田地蔵まつり」が催される。歴史ある名物行事として親しまれており今回で37回目。和田町商店街協同組合が主催し地元町内会などが協力する。

 地元住民の間では「地蔵様」と呼ばれている和田地蔵が建立されたのは元禄2(1689)年。阿弥陀像の庚申塔で和田町では昭和初期まで庚申講が盛んだったと言い伝えられている。

 今では地元の守り神として崇められ、地元有志や世話人会が花をいけたり酒を手向けたりと、「お世話」をしている。地蔵菩薩の命日に合わせ催される祭りは地元商店街が中心となり催され地蔵尊周辺は1年で最も多い人出で賑わいを見せる。

 37回目となる今年の祭りは、2日間ともに午後4時30分からで商店街中央通りには商店街各店がブースを出店するほか、焼き鳥やビールなど飲食を中心に模擬店も並ぶメイン会場内のステージでは地元のバンドや音楽団体などが出演する予定。23日はオープニングセレモニー後、保土ケ谷中学校吹奏楽部、沖縄三線、川島囃子、フラダンスグループなどが出演。24日は午後5時ごろから藤塚太鼓やベリーダンス、お風呂屋さんの従業員らが参加するグループ・ОFR48のライブなどが予定されている。

 まつりを主催する和田町商店街協同組合の村上弘一理事長は「模擬店は子どもたちがお小遣いの範囲内で楽しめるような値段設定になっている。夏休みの思い出の1ページになれば。多くの人にお越しいただきたい」と話している。問い合わせは村上書店【電話】045・331・5501へ。

1年で最も多い人出となる「地蔵まつり」のようす
1年で最も多い人出となる「地蔵まつり」のようす

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

廃食用油回収し再資源化

廃食用油回収し再資源化 社会

区役所前広場で28日

1月20日号

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩

「皇国葡萄酒」復刻へ一歩 社会

苗木40本を植え付け

1月20日号

「途上国にワクチンを」

仏向小4年1組

「途上国にワクチンを」 教育

商店街にボトルキャップ回収箱

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

区制100周年へ向けて

出口区長インタビュー

区制100周年へ向けて 政治

地域の繋がりの希薄化懸念

1月6日号

懐かしの生活用具で回想

ささやま丘の上ミュージアム

懐かしの生活用具で回想 社会

横国大大学院生が着想

1月6日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook