保土ケ谷区版 掲載号:2019年9月26日号 エリアトップへ

”一生に一度”の祭典 ラグビーW杯(ワールドカップ)開幕

スポーツ

掲載号:2019年9月26日号

  • LINE
  • hatena

 「4年に一度じゃない。一生に一度だ」――。ラグビーW杯が21日、横浜でもついに幕を開けた。

 前日、東京スタジアムで行われた開幕戦では日本代表が勝利。その興奮も冷めやらぬ中、横浜国際総合競技場(港北区)でも、9回目で初のアジア開催となった歴史的大会がスタートした。

 優勝候補が激突

 記念すべき初試合は、大会屈指の好カードに。史上初の3連覇を目指すニュージーランドと優勝2回を誇る南アフリカが激突。一流のプレーを見ようと6万超の観客が訪れた試合は、前者が地力を見せ、23―13で制した。

 横浜在住で、タグラグビーのコーチを務める小寺真一さんは「地元でW杯が見られるなんて夢のよう」と声を弾ませた。

 当日は、海外からも多くのサポーターが来場。駅前からスタジアムの各所で、ビールを片手に、応援歌を歌うなど、街は異国情緒に包まれ大きな賑わいを見せた。

 全国12都市で開催される今大会は、各都市に試合中継やラグビー体験が楽しめるファンゾーンを設置。横浜では、みなとみらいの臨港パークに最大規模のファンゾーンが設けられている。21日も国内外から多くのラグビーファンが駆け付け、380インチの大画面に映る試合に熱中した。

 市民も活躍

 大会の裏には、住民らの活躍も。新横浜では、地元町内会が行政らと協力し、周辺エリアを花壇で彩り、試合前には清掃活動も行った。また各都市では大会ボランティアとして「TEAM NO―SIDE」を組織。横浜でも県内を中心に約1500人のボランティアが参加。スタジアムやファンゾーンでの案内や運営の補助に奮闘した。

 横浜での次戦は10月12日(土)、イングランド対フランス。13日(日)には日本とスコットランドが対戦する。一生に一度の夢の祭典。その熱狂の渦がヨコハマを包みこむ。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

今春は「やや少なめ」

スギ花粉

今春は「やや少なめ」 社会

県自然環境保全センターが見通し

1月20日号

安全・安心へ 決意新たに

保土ケ谷消防署

安全・安心へ 決意新たに 社会

規模を縮小し、出初式

1月20日号

集団接種は13会場

ワクチン3回目

集団接種は13会場 社会

2月中旬から順次開設

1月20日号

川島囃子で無病息災願う

川島囃子で無病息災願う 文化

獅子舞やひょっとこも

1月20日号

春の訪れすぐそこに

大河ドラマゆかりの地紹介

『鎌倉殿の13人』

大河ドラマゆかりの地紹介 文化

県と市、特設ウェブページ開設

1月20日号

よこはま直葬センター(家族葬)

シンプルなお葬式でも手厚いご供養いたします

https://www.yokohama-chokuso.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook