保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

「時短」テーマにレシピ刊行 区役所福祉保健課で配布中

社会

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
完成した「かんたん時短レシピ」を手にする区役所福祉保健課職員
完成した「かんたん時短レシピ」を手にする区役所福祉保健課職員

 保土ケ谷区役所福祉保健課が「時短」をテーマにしたレシピ集「かんたん時短レシピ」を刊行した。14ページで構成され「電子レンジ調理」「フライパンや鍋1つでできる」「加熱なし」の3つのテーマに分類した21品と常備菜1品を掲載。市販のカット野菜や缶詰、冷凍食品、レトルト食品などを使用することで10分程度で完成する料理が大半を占めている。

 仕事や家事、育児などで忙しい、働き・子育て世代ほど、朝食の欠食や野菜不足が目立つなど、食事バランスが偏っている傾向があるという。市の意識調査によると保土ケ谷区内でも働き・子育て世代のうち約3万人(約34%)が偏ったバランスの食事をとっているという結果が出ている。

 このような状況を受け完成した冊子のレシピは食を通じた健康づくりを推進するボランティア、保土ケ谷区食生活等改善推進員(ヘルスメイト)が提供。同推進員が試作した品を横浜国立大学の写真部の学生が撮影に協力した。

 レシピ集は区役所3階の福祉保健課健康づくり係で配布されているほか、19日に開かれる区民まつり会場でも配られる。また区役所ホームページ内からPDFをダウンロードすることもできる。問い合わせは同係【電話】045・334・6350へ。

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

22日に朝市

区役所前で

22日に朝市 社会

2月20日号

公会堂で終活講座

市が相談窓口開設

新型コロナウイルス

市が相談窓口開設 社会

土・日・祝日も対応

2月20日号

「横浜の体験」を返礼品に

市ふるさと納税

「横浜の体験」を返礼品に 社会

4月1日から23品目追加

2月20日号

春告げる梅まつり【新型コロナウイルス感染及び蔓延防止のため、特設ステージイベント・屋台の模擬店は中止となりました】

横浜FCに入浴パス進呈

横浜FCに入浴パス進呈 スポーツ

上星川の「満天の湯」

2月20日号

行政書士による無料相談会

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク