保土ケ谷区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

25年間にわたり月見台東部自治会の会長を務める 田村 眞佐子さん 月見台在住 81歳

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena

やってみようという気持ちで

 ○…地域が抱える課題の解決に取り組みながら、将来やニーズを考える自治会町内会。25年間、月見台東部自治会会長を務める。区内の女性で長期にわたり、会長職を務めているのは他にはいないという。「四半世紀あっという間だったけど、いろいろな人と出会って知り合うこともできた。私の財産だよ」とこれまでを周囲に感謝の言葉を口にする。

 ○…星川の生まれで、現在までずっと区内で過ごす。最初に口にしたのは戦争体験の話。横浜空襲で戦災に遭い、家を失った。親とともに避難した時に「路上に雛人形の首が落ちているのを見つけたときには涙が止まらなかった」と当時を振り返りながら話す言葉に重みがある。桜丘高校では合唱部として全国一位を獲得したことも。今でも同窓会で顔を合わせ思い出話に花を咲かせたり、地元のエピソードを交えて度々話す姿に地元への愛着心が垣間見える。

 ○…自治会長に就任したのは1995年。前年に夫と義母、母を相次いで亡くし「どん底にあって何も手をつけられる状態ではなかった」と話すも、周囲に懇願される形で会長に。とまどうも「引き受けた以上はやろう」と決心。わからない事だらけだったが、当時なかった定例会を開催し、顔の見える関係の構築など、自治会を着実に発展させてきた。「別にすごくない。私にもできるから皆さんもできるよ」と笑顔を浮かべる。

 ○…多忙の日々を送る合間を縫って週に2回、区内のジムに通い水泳などで体力の維持に努めている。はきはきと話す口調には若々しささえも感じさせる。一方で、今後さらに加速する自治会の高齢化に「区全体で話し合ってこれからいい方向に向かっていけるような行動ができたらいいなと思う」と話す。

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

半田 紗知子さん

あこや真珠の魅力を発信している日本雑貨(株)の代表取締役

半田 紗知子さん

常盤台在住 37歳

11月14日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月7日号

酒井 勇汰さん

横浜国立大学の大学祭「常盤祭」の実行委員長を務める

酒井 勇汰さん

経済学部3年 20歳

10月31日号

新井 爽月さん

「ありのまま育児法 6割出来たら満点。頑張りすぎない子育て法」を出版した

新井 爽月さん

釜台町在住

10月10日号

八木 秀夫さん

保土ケ谷警察署長に就任した

八木 秀夫さん

57歳

10月3日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

69歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク