保土ケ谷区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

保土ヶ谷小4年1組 ボッチャの魅力発信 PTA主催のイベントで体験会

教育

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
児童の指導を受けながらボッチャを楽しむ参加者
児童の指導を受けながらボッチャを楽しむ参加者

 保土ヶ谷小学校(小川克之校長)の4年1組の児童が11月16日に同校で行われた「ほどっ子まつり」で「ボッチャ」の体験会を企画をした。PTAが主催する同イベントで児童主体の企画が採用されたのは初めて。佐藤俊大君は「みんなにボッチャを知ってもらいたいという思いで企画した。多くの人に知ってもらえると嬉しい」と話した。

 ボッチャは障害者スポーツとして普及し、2020年東京パラリンピックの正式種目として行われる。ジャックボールと呼ばれる白い目標球に赤・青それぞれ6つのボールをいかに近づけられるかを競う。

 同校の4年1組では車椅子の児童がいたことから「全員が同じルールで真剣にできる競技がないか」と総合学習の時間で考え、「ボッチャ」について調査を進めた。

 理解を深めるうちにボッチャの楽しさに魅了され、手作りでボッチャボールを作り、ボッチャに挑戦すると活動は加速。近隣の施設や上菅田特別支援学校の児童とボッチャを通して交流し、「さらに地域に知ってもらいたい」と着目したのが同校のPTAが主催する「ほどっ子まつり」だった。

 児童たちは企画書をPTA側に提出し、プレゼンテーションを実施。熱意がPTAを動かし、体育館一角の使用許可をもらい、企画が実現した。

 この日のイベントでは児童たちが受付や審判を務めながら参加者にボッチャの魅力を伝授。参加した高森晃子さんは「思ったより難しい。でも、子どもとも対等にできるし、楽しかった。もっと知ってほしいと思った」と2人の娘と楽しんでいた。飯野一樹教諭は「数カ月でこれだけの活動を児童たちが主体的に考えてやってきた。自分に自信を持ってもらいたい」と話した。

相模鉄道100年展

横浜駅東口「原鉄道模型博物館」で12/23まで開催。12000系模型が走行中

http://www.hara-mrm.com/

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

夏の決勝、保土ケ谷で

高校野球

夏の決勝、保土ケ谷で スポーツ

五輪開催措置で45年ぶり

2月20日号

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク