保土ケ谷区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

「ひとつのプレーを全力で」 桐蔭高・森選手が入団会見

スポーツ

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)
三原球団代表、ラミレス監督を囲む新入団選手(前列中央が森選手)

 横浜DeNAベイスターズの新入団選手会見がこのほど、西区のホテルで開かれ、今年のドラフト会議で1位指名を受けた桐蔭学園高校(青葉区)3年の森敬斗選手が初めてユニフォーム姿を披露した。

 森選手は「ひとつのプレーで試合展開が変わり、見られ方も変わることがある。一つひとつが重要なので、常に全力で臨みたい」と力を込めた。また憧れの選手を聞かれると、同校出身でプロ野球でも活躍している鈴木大地選手(30歳)を挙げ、「人として尊敬のできる先輩。自分も見習い、10年、20年と活躍できるようでありたい」と話した。

 会見には森選手のほか、同じくドラフトで指名を受けた6選手も出席。社会人からの入団はなく、7人中4人が高校生というフレッシュな顔ぶれで、三原一晃球団代表は「チームは今年、2軍の施設やコーチを充実させ、育成に力を入れている。ここにいるのは、1軍に上がってきてほしい将来のスター選手たち」と紹介した。

高城捕手は1年半ぶり復帰

 また、約1年半ぶりの古巣復帰となる高城俊人捕手(26歳)の入団会見が先月中旬に中区の球団事務所で開かれた。

 高城選手は2011年にドラフト2位でベイスターズに入団し、1軍でも活躍したが昨年トレードでオリックスバファローズに移籍。その後、同球団を戦力外となり、今回の契約に至った。「一度は戦力外になった身。新入団と同じ気持ちで緊張感をもって、投手からの信頼を得ていきたい」と語った。

新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手
新しい背番号のユニフォームにそでを通した高城選手

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

技術伝えるひな人形展

技術伝えるひな人形展 社会

1月25日から 人形の家

1月23日号

「地上より永遠に」上映

「地上より永遠に」上映 文化

アートホールで26日

1月23日号

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ 文化

公会堂で31日に上映

1月23日号

行政書士による無料相談会

ほどガヤ会議参加者募集中

強盗対応を確認

強盗対応を確認 社会

ゆうちょ銀行で訓練

1月23日号

加藤登紀子コンサートwith Yae

相模鉄道100年展

横浜駅東口「原鉄道模型博物館」で12/23まで開催。12000系模型が走行中

http://www.hara-mrm.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

学園通りでコンサート

「危ない通学路」イメージ払拭へ

学園通りでコンサート

岩崎中で2月1日

2月1日~2月1日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク