保土ケ谷区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

横浜旭峰ポニー 創立10年目、秋の関東制覇 稲原湊登選手がMVP

スポーツ

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena
優勝した横浜旭峰ポニー(同チーム提供)
優勝した横浜旭峰ポニー(同チーム提供)

 中学生の硬式野球リーグ「ポニーリーグ」の第43回関東連盟秋季大会で、今井町に拠点を構える「横浜旭峰ポニー」が優勝を果たした。また大会を通じて活躍した稲原湊登投手が最優秀選手賞を獲得した。

 ポニーリーグは米国で誕生し、日本では1975年に組織化され協会が発足。一つの試合に選手全員が参加できることを理念に、現在、全国各地域に同協会の加盟リーグが活動している。

 横浜旭峰ポニーは2009年に創立され、現在約50人の部員が在籍している。今回の関東大会は2年生が中心の新チームとして出場。関東連盟所属の約40チームが、9月からグループリーグの予選を行ってきた。

 決勝トーナメントには各グループの上位2チームが進出。同チームは決勝トーナメントで4戦を勝ち抜き、決勝戦で江東ライオンズ(東京)を7対6で下した。

 共に横浜高校出身である同チームの安西健二総監督と齋藤一也監督は、同大会での試合を「普段から練習していることが結果に結び付いた」と振り返る。練習は毎日夕方から3時間行っており、「日ごろの練習量があるため体力的にも有利だった。選手たちにとっても『できる』という自信につながったと思う」と齋藤監督。同大会ではピッチャーの稲原湊登君が最優秀選手にも選ばれた。

 春の関東大会やベイスターズカップなど今後も公式戦は多く予定されているが、同チームは来年5月から始まる「全日本中学野球選手権大会ジャイアンツカップ」を見据えている。安西総監督と齋藤監督は「中学硬式野球の日本一を決める大会。昨年は最終予選まで行ったので、次は勝ち上がれたら」と語った。
 

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月21日号

街路灯 全24基を撤去

星川駅南側星和会

街路灯 全24基を撤去 社会

商店街での維持・管理難しく

1月21日号

味自慢、ズラリ

コロナ禍で売上6割減

味自慢、ズラリ 経済

18日から10店が出品

1月14日号

区内唯一の水田で稲作

ほどがや元気村

区内唯一の水田で稲作 社会

小学生対象に体験教室

1月14日号

「安全・安心な暮らし支える」

「安全・安心な暮らし支える」 社会

出口区長に聞く

1月7日号

区内2,017人が門出

成人式

区内2,017人が門出 社会

密避け、2会場で分散開催

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク