保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

市民病院 5月1日に開院へ 診療科数は1つ増え34に

社会

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
新病院のイメージ
新病院のイメージ

 岡沢町にある現病棟から三ツ沢公園内球技場の隣接地に移転する横浜市立市民病院の新病院が5月1日に開院する。5月7日から外来診療を開始する予定となっている。

 市民病院は1960年に開院して以来、病床規模などの拡充を図りつつ、50年以上にわたり市民に高度な医療を提供しているほか、県内唯一の「第一種感染症指定医療機関」としてエボラ出血熱やペストなどの「一種感染症」、ジフテリアやSARSなどの「二種感染症」のほか、新型インフルエンザなどの患者を入院させる機関と定義づけられ、県内でこういった疾病が発生した場合の患者搬送先としての機能も果たしてきた。

 現在の建物は築30年が経過し施設の老朽化や医療の高度化、医療環境の変化に対応するために行ってきた新たな医療機器の導入、度重なる改修による狭あい化などが深刻化したことを受け、市は病院建物の「建て替え」「移転」「大規模改修」などを念頭に、大掛かりな再整備を検討。2013年12月に移転先として神奈川区と西区にまたがる三ツ沢公園の隣接地への新病院建設が決定した。

 新病院の病床数は現病院同様に650床だが、現行の6床室を4床室とし、個室の数も増室する。診療科数は脳血管内治療科が新設され34となる予定。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

県議会所属委員会決まる

【WEB限定記事】

県議会所属委員会決まる 政治

高橋氏は厚生常任委員会委員長

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請発送開始へ

5月28日号

3年連続無火災達成で表彰

【Web限定記事】保土ケ谷西部連合自治会

3年連続無火災達成で表彰 社会

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

「フェア」にこだわるコーヒー店

【Web限定記事】

「フェア」にこだわるコーヒー店 文化

境木商店街 fe.a coffee

5月21日号

医療従事者支援目的にeスポーツで対戦

【Web限定記事】横浜FCも参加

医療従事者支援目的にeスポーツで対戦 スポーツ

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月21日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク