保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

保土ケ谷小5年生 デジタル駆使し運動会 2月1日、3日に初開催

教育

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
運営資金調達のためプレゼンテーションを行う児童
運営資金調達のためプレゼンテーションを行う児童

 保土ケ谷小学校(小川克之校長)の5年生の児童が総合的な学習の授業でテクノロジー技術を使い独自に考案した種目を盛り込んだ「未来の保土ケ谷の運動会」と銘打った催しを2月1日(土)、3日(月)の2日間、同校体育館で開く。地域住民も自由に参加することができる。

 運動会でおなじみの玉入れや綱引きなどにデジタル技術を取り入れた新たな種目を楽しむ「未来の運動会」は、障がいの有無や年齢を問わず、幅広い層の参加者が一緒に競技することで地域コミュニティの活性化などが期待できるとあって、全国的に広がりを見せている。

 同校の5年生は総合学習の時間を使い、昨春から「どうして遊びは楽しいのだろうか」をテーマに話し合いを重ねてきた。自由な発想で次々と新たな遊びを生み出した子どもたちは、この楽しさを多くの人と共有したいと考えるようになり、行き着いたのが「未来の運動会」だった。

自らの手で運営資金調達

 テクノロジー機器を使い新たな種目を運営するためには費用が必要となる。児童は校長や地域の店・企業などに協賛を呼びかけるプレゼンテーションを展開。地域内で奉仕活動を展開するライオンズクラブや、地域内の企業などからサポートを受けたほか、学校の祭りでフリーマーケットを出店するなどして、運営資金を集めた。

誰でも参加可能

 2日間とも誰でも参加可能で、午前9時過ぎからテクノロジー機器を使った児童発案の10のユニークな種目を楽しむことができる。

 5年2組の原悠喜さんは「未来の保土ケ谷の運動会は『スポーツをつくる』ということをテーマにしたイベントです。成功させ、私たちの町を盛り上げたいです」と話している。また、今辻宏紀教諭は「小学校の授業で未来の運動会を開くのは全国的に見ても珍しいケース。子どもたちが創り上げた種目を多くの人に体験していただくことを通じて、地域コミュニティの活性化につながれば」と話している。問い合わせは同校・今辻教諭【電話】045・332・7095へ。

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

建て替えで一時休業

イオン天王町店

建て替えで一時休業 経済

2022年に営業再開

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

出張指導で普及拡大へ

区の歌合唱団

出張指導で普及拡大へ 文化

「12年経ち新たなステージ」

2月6日号

働き方改革に評価

新桜ヶ丘グランコーヨー(株)

働き方改革に評価 社会

7年連続のグッドバランス賞

1月30日号

「将来への備え」強調

IR説明会

「将来への備え」強調 社会

具体的数値示し有用性示す

1月30日号

1/26家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク