保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

保土ケ谷小5年生 デジタル駆使し運動会 2月1日、3日に初開催

教育

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
運営資金調達のためプレゼンテーションを行う児童
運営資金調達のためプレゼンテーションを行う児童

 保土ケ谷小学校(小川克之校長)の5年生の児童が総合的な学習の授業でテクノロジー技術を使い独自に考案した種目を盛り込んだ「未来の保土ケ谷の運動会」と銘打った催しを2月1日(土)、3日(月)の2日間、同校体育館で開く。地域住民も自由に参加することができる。

 運動会でおなじみの玉入れや綱引きなどにデジタル技術を取り入れた新たな種目を楽しむ「未来の運動会」は、障がいの有無や年齢を問わず、幅広い層の参加者が一緒に競技することで地域コミュニティの活性化などが期待できるとあって、全国的に広がりを見せている。

 同校の5年生は総合学習の時間を使い、昨春から「どうして遊びは楽しいのだろうか」をテーマに話し合いを重ねてきた。自由な発想で次々と新たな遊びを生み出した子どもたちは、この楽しさを多くの人と共有したいと考えるようになり、行き着いたのが「未来の運動会」だった。

自らの手で運営資金調達

 テクノロジー機器を使い新たな種目を運営するためには費用が必要となる。児童は校長や地域の店・企業などに協賛を呼びかけるプレゼンテーションを展開。地域内で奉仕活動を展開するライオンズクラブや、地域内の企業などからサポートを受けたほか、学校の祭りでフリーマーケットを出店するなどして、運営資金を集めた。

誰でも参加可能

 2日間とも誰でも参加可能で、午前9時過ぎからテクノロジー機器を使った児童発案の10のユニークな種目を楽しむことができる。

 5年2組の原悠喜さんは「未来の保土ケ谷の運動会は『スポーツをつくる』ということをテーマにしたイベントです。成功させ、私たちの町を盛り上げたいです」と話している。また、今辻宏紀教諭は「小学校の授業で未来の運動会を開くのは全国的に見ても珍しいケース。子どもたちが創り上げた種目を多くの人に体験していただくことを通じて、地域コミュニティの活性化につながれば」と話している。問い合わせは同校・今辻教諭【電話】045・332・7095へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

高架下空間開発に着手

相模鉄道本線星川―天王町間

高架下空間開発に着手 社会

スーパーやカフェなど計画

10月21日号

生徒考案のパン販売

県商工高校総合ビジネス科

生徒考案のパン販売 社会

横浜駅構内など8店舗で

10月14日号

横浜国大に台風研究機関

横浜国大に台風研究機関 社会

「制御」や「発電」も視野

10月14日号

仏向町の森に熱帯昆虫

仏向町の森に熱帯昆虫 社会

「アカギカメムシ」見つかる

10月7日号

女子団体組手で全国制覇

西谷中空手道部

女子団体組手で全国制覇 スポーツ

団体形でも準優勝

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook