保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

スギ花粉 飛散量は例年並み 県が予測発表

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena

 県自然環境保全センター(厚木市七沢)が2020年春のスギ花粉飛散量調査の結果をまとめ、「飛散のやや多かった19年春に比べると減少するものの、例年並み」との予測を公表した。

 スギは2月から4月に花粉を多く飛散させる。花粉を飛散するのは雄花のみで、この着花量を調査し花粉飛散を予測する取り組みを県は20年ほど前から実施している。

 同センターによるとスギの雄花の着花形成は花粉が飛散する前年夏の気象条件との相関が高く、気温が高く、少雨で日照時間が多い時は着花形成が促進され、雄花が多く着く傾向にあるという。昨年の夏は7月が涼しく、雄花の着花量が少なくなる条件が整っていたが、8月に入ると気温の高い日が続き、着花量はそれほど減少しなかったという。

 同センターでは花粉の発生源対策として花粉の少ないスギ・ヒノキの品種の選抜と実用化などを行っている。また、花粉を飛散させない「無花粉スギ・ヒノキ」の開発も進めており、今年の春には1万本程度の苗木を出荷する見込みとなっている。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook