保土ケ谷区版 掲載号:2020年3月5日号 エリアトップへ

岩間地区まごころホルダー 徘徊や急病に備え 「命を守るお守りに」

社会

掲載号:2020年3月5日号

  • LINE
  • hatena
登録を済ませると交付されるキーホルダー
登録を済ませると交付されるキーホルダー

 岩間地区の17自治会町内会では、地域の高齢者や障がい者が行方不明などになった際の身元確認に、地域ケアプラザの連絡先などを記載したキーホルダー「まごころホルダー」の活用を始めている。

 キーホルダーは、あらかじめ緊急連絡先などを登録した原則65歳以上の高齢者に身に付けてもらうことで、道に迷ったり、体調を崩すなどして、保護や救急搬送などが必要となった際に役立てようと一昨年10月からスタートした。

 樹脂製で手のひらに収まるサイズのキーホルダーには、登録者に割り振った番号と、ケアプラザの連絡先が記載されている。万が一の際は、連絡を受けたケアプラが登録番号から身元を照会し、家族などにつなげる仕組みだ。

約600人が登録

 近年、全国各地で認知症の人が身元不明になるケースが多発している。こうした事態の対応策として、期待される「まごころホルダー」の登録者数は徐々に増え始め、600人に迫るという。

 これまでの所、キーホルダーで身元を照会する事案は発生していないが、関係者は「キーホルダーは『お守り』です。持つことにより地域とのつながりが強くなる。家族と自分の安心にもつながる」と話す。

課題は浸透度

 登録を希望する高齢者が増える一方で今後、課題となるのが地域住民への浸透だ。「キーホルダーの存在を地域の方々に知っていただけなければ、いざという時に活用されず意味をなさない。イベントなどを通じてPRに力を注いでいきたい」と関係者は話している。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

国大生が子ども食堂

県営笹山団地

国大生が子ども食堂 教育

地域の「居場所」めざす

6月30日号

バリアフリー化前進

羽沢横浜国大駅周辺地区

バリアフリー化前進 社会

住民提案受け基本構想作成

6月30日号

基本的対策徹底し親睦旅

川島東部連合町内会

基本的対策徹底し親睦旅 社会

「開催できる方法」模索

6月23日号

発足後初のイベント

星川商店会

発足後初のイベント 経済

駅前広場で26日に「縁日」

6月23日号

新球技場整備へ動き

三ツ沢公園

新球技場整備へ動き スポーツ

市が構想案示す

6月16日号

屋上から「いってらっしゃい」

屋上から「いってらっしゃい」 教育

西谷中で修学旅行時の伝統

6月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook